FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

総選挙が近づいている。

阿部総理政権において、日銀の大量円の発行が行われた結果

円の価値が下がり、円安となった。

円安の結果、株が急騰した状態となっている。

輸出企業にとって円安は、追い風となり、株高はさらに追い風となっている。が

円安の結果、輸入商品が高くなり、輸入食品、ガソリンなどの値上がりが起きている。

庶民や輸入業者にとっては、ダメージが大きい。


政府はインフレを誘導して借金の額を相対的に減少させたいと願っている。

また、年金資金を株投資へ回す割合を増やして資金回収へともくろんでいる。


しかし、少子化の結果、

生産人口が年々減少している日本の現在の状況では

GDPの上昇は、さほど期待できにくい状況だ。


実際に、輸出企業による利益上昇のほうが、輸入企業による損失よりも大きければ

結果的に日本全体の賃金上昇が起こるはずだったが、

輸出企業はすでに工場を海外へ移転しているために

円安メリットが期待したほど無い状態だ。


そのため、消費税増税後の買い控えがいまだ大きくのしかかり

経済収支はマイナスとなって、増税時期が先伸ばしとなった。

その結果、日本の国債の評価が下落した。


実体経済が伸びなければ、円安の負のデメリット方が大きく、さらに

現在心配される中国経済崩壊が引き金の世界恐慌に巻き込まれれば、

世界株安となり日本の年金もダメージを食らう。

増税できなければ

一気に日本の国債の金利が跳ね上がる危険性も否定できなくなる。

すなわちギリシャ経済崩壊と同じことが日本に起きることとなる。

国家予算が立てられなくなると、教員や公務員編お給料が支払われなくなるばかりか

医療も受けることが不可能となる。

人為的な為替操作・金融政策だけで経済が上昇することは無い。


日本国債が信用を無くすと、さらに世界の大恐慌を起こしかねない。

と考えるのは、考えすぎなのだろうか。

アベノミックスは、本当に信用できるのだろうか?

学会シーズンの秋。

9月末はフランスのパリで耳介再建学会。

10月初旬にアメリカのシカゴでアメリカ形成外科学会。

両学会に講演のため出席したので、短期間に地球を3分の2周した。


パリもシカゴも先進都市だ。

しかし、両都市の学会が指定した一流ホテルにウォシュレットはなかった。

日本ではどこにでもウォシュレットが普及して、あたりまえの事となっているが、

世界では、まだほとんど普及していない。

日本のトイレ文化は、世界最先端となっている事を認識させられた。


ウォシュレットは衛生面でも清潔を保ち

気分爽快になるばかりでなく、病気にもなりにくくなる。

一度使い始めると絶対に必要不可欠となる事間違いなしだ。


日本政府は、国際外交の一環として

世界へウォシュレット普及に尽くすべきだ。

膨大な輸出が期待できる。


ウォシュレット設置のためには、水道設備から改善する必要も出てくるので

日本の技術力が世界に大いに役に立つ事業となるだろう。
昨日関東地方北部を震源とするマグニチュード5弱の地震が起きた。

太平洋プレートとフィリッピン海プレートのせめぎあいの場所が震源地と言う。

地震が頻発して起きる地域という事だ。


ところで地震予知連という言葉をよく耳にする。

この呼び名であれば、あたかも地震の予知ができるかのような誤った印象を与えてしまう。


しかし、現在の科学では、いつどこで地震が起きるか確実に予知不可能な段階なのだから

地震予知研究中連合会と呼び名を変えるべきだろう。

デング熱感染が東京から発生し全国に広がって問題となっている。

わかってるだけで70名を超えているので実態は、はるかに多いと考えられる。

問題はこれから蚊の生息する2か月ほどだ。

全国から新たな発生が危惧されている。

幼児では致命的になりやすいので要注意でもある。

地球温暖化とともに世界中人が多く移動する現代においては

感染の可能性が飛躍的に多くなっている。

これから2か月全国で大規模な蚊の駆除対策が求められる。


ワールドカップ準決勝で、ブラジルとドイツが対戦した。

結果は、なんと7対1で、ドイツが勝利した。

開催国ブラジルとしては、あまりにも悲惨な敗北となった。

ブラジル国民の落胆は非常に大きかった。

一方日本は、リーグ戦突破できないばかりかリーグ戦最下位に終わった。

日本も、今大会に対する期待が大きかっただけに

ショックは大きかった。が、

ブラジルのショックは、日本のショックに比較すれば、

遥かに大きかった。