FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

駆けずりまわっている間に、もう11月の18日。
11月の小耳症説明会報告もしないうちに、
もうすぐ12月の説明会。
平成から令和に移り変わり、それでも今年も何とか休むこともなく、
毎月説明会を行うことができた。

今年もあともう少し。
12月の声を聴いたら、もうすぐに来年だ。

年も取ったし、本当に毎日があわただしい。
何とか最後の説明会も、無事終わりますように。

この文章も、なんとなく意味不明。



さて、先日の10月5日、第45回小耳症説明会を開催しました。
小さいお子さんたちもたいへん静かで、おだやかな説明会でした。

さっそくに手術日の決定した9才のお子さんとお母さん。
来年が手術ということで、2F病室のご案内をさせていただきました。
病室を見ながら入院生活や手術のことなど説明させていただきました。
実際に病室を見ることで、少しでも不安や疑問など、解消していただけたらと思っています。
大体こういうときは、手術をする本人は、かなり緊張気味。
大丈夫だよ。
入院中のみんな、頑張っているからね。
来年元気でまた会いましょう。

今年は連休ごとに大きな台風が直撃して、まったく気が休まりません。
明日は永田小耳症形成外科クリニックも、午後のみ臨時に休診させていただきます。


その後語り草になるくらいの台風と、大雨雷を控え、
9月7日,第44回小耳症説明会、開催しました。
今回は小さいお子さんが中心の、穏やかな説明会でした。

年齢によっては、手術はあと9年後、10年後ということで、まだ情報収集の段階でしょうか。
院長の説明を熱心に聞いておられました。

ところで毎度感心するんですが、お父さん方、育児に熱心ですねえ。
というか、手慣れてますねえ。

抱っことか、おむつ交換とか、ついつい昔の父親たちと、見比べてしまう。

今どきのお父さん方に感謝、です。


長い長い梅雨も、やっと終わりが見えてきたこの頃。
あっという間に真夏の暑さとなりました。

さて先日の小耳症説明会。
baby中心の説明会。
にもかかわらず、なんとも穏やかというか、なんというか。
院長が画面を示しながら一生懸命説明している周囲を、
babyを抱っこしたママたちがウロウロウロウロ。
高い高いをしてもらってるbabyなんて、
声あげてわらってるし・・・。
いい感じでした。

こんな小さい時から 「永田」に来てくれて、ありがとうね。
院長も、元気で手術を頑張らないとね。
と、思った次第。


第41回小耳症説明会、今月も何とか無事終了。

今回も、小さいお子さんが中心の説明会でした。
休憩室では
すごい勢いで泣いているBABYにさそわれて、わらわらと周りに集まったばあやが3人。
歯科口腔外科医の女医先生。事務のお姉さんと、私。
ワあ、最近のミルクはキューブなのねえ。
うちの子の時はこんなのなかったわ。
かわいいわあ。なつかしいわあ。
と、抱っこしたり触ったりのおお盛り上がり。
そのなかで一人大奮闘のお父さん、ミルクにおむつにと、本当にお疲れ様でした。

その他の皆様も、小さいお子さんを連れての説明会への参加。
大変だったでしょうに、本当にありがとうございました。