FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

桜の花も盛りを過ぎ、世の中はコロナ一色。
そんな中、永田小耳症形成外科クリニックでは「小耳症説明会」が行われました。
感染対策のため、少人数での開催です。
先ずは手指の消毒から初めて、健康状態をうかがってから受付開始です。

院長も口腔外科の先生もご両親たちも、みんなマスクをかけての説明会です。
小さい子たちははお昼寝をしており、
なんとなくのんびりした、説明会になりました。

早く「コロナ」が収束して、マスクなしで過ごせるようになると、いいですね。
手洗い、頑張ります。

3月7日土曜日、第49回小耳症説明会が開かれました。
コロナの騒ぎの中、感染防止のため、少人数に限っての説明会になりました。
おいでになった親御さんたちも、マスクをしておいでになりました。
来院されると同時に、手指の消毒、体調の聞き取りをさせていただき、ご協力ありがとうございました。
できることとできないことがありますが、感染防止に努力していきたいと思います。

この度は小さいお子さんも小学生もおられたのですが、泣き声一つしない、静かな説明会でした。
小さいお子はみな、丸くなって、すやすやとお昼寝。
院長のでかい声(地声)にも反応なく、ぐっすりとおねんね。
いいなあ。寝ている子供って、見ているだけでこちらも幸せになれますね。

コロナ感染症が落ち着くまでは、説明会は、こじんまりと開催させていただきます。
ご理解、よろしくお願いいたします。


駆けずりまわっている間に、もう11月の18日。
11月の小耳症説明会報告もしないうちに、
もうすぐ12月の説明会。
平成から令和に移り変わり、それでも今年も何とか休むこともなく、
毎月説明会を行うことができた。

今年もあともう少し。
12月の声を聴いたら、もうすぐに来年だ。

年も取ったし、本当に毎日があわただしい。
何とか最後の説明会も、無事終わりますように。

この文章も、なんとなく意味不明。



さて、先日の10月5日、第45回小耳症説明会を開催しました。
小さいお子さんたちもたいへん静かで、おだやかな説明会でした。

さっそくに手術日の決定した9才のお子さんとお母さん。
来年が手術ということで、2F病室のご案内をさせていただきました。
病室を見ながら入院生活や手術のことなど説明させていただきました。
実際に病室を見ることで、少しでも不安や疑問など、解消していただけたらと思っています。
大体こういうときは、手術をする本人は、かなり緊張気味。
大丈夫だよ。
入院中のみんな、頑張っているからね。
来年元気でまた会いましょう。

今年は連休ごとに大きな台風が直撃して、まったく気が休まりません。
明日は永田小耳症形成外科クリニックも、午後のみ臨時に休診させていただきます。


その後語り草になるくらいの台風と、大雨雷を控え、
9月7日,第44回小耳症説明会、開催しました。
今回は小さいお子さんが中心の、穏やかな説明会でした。

年齢によっては、手術はあと9年後、10年後ということで、まだ情報収集の段階でしょうか。
院長の説明を熱心に聞いておられました。

ところで毎度感心するんですが、お父さん方、育児に熱心ですねえ。
というか、手慣れてますねえ。

抱っことか、おむつ交換とか、ついつい昔の父親たちと、見比べてしまう。

今どきのお父さん方に感謝、です。