FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC02615.jpg


1998年カナダ・第3回国際小耳症学会での写真。


左から、


オランダ・アムステル大学・「モシュ、コーン教授」,・・・・・・・・・・・・・・・・・永田法


前述したように、世界初・「他人の顔を移植」した医師。


 


アメリカ・カリフォルニア州の「バート・ブレント」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ブレント法


フランス・パリのビゼット病院「フランソワーズ・フィアミン」・・・・・・・・・・・・・永田法


イギリス・ロンドン・グレートオズモント子供病院「デイビット・ガルト」・・・・・永田法


日本・永田小耳症形成外科クリニック「永田 悟」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・永田法


 


現在用いている、それぞれの医師の小耳症手術法を右側に示しています。

 DSC02614.jpg


 カナダのレイクルイーズで1998年第三回国際小耳症形成外科学会が開催されました。


これはその際のシンポジスト3人の写真です。


左は、「バート・ブレント」・・・・・・・・・・・・アメリカ・カリフォルニア州


中央は、「フランソワーズ・フィアミン」・・・・・・・・フランス・パリ


右は、「永田 悟」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本


 


 この、ブログで何回か前述した、ブレントやフィアミンの写真です。


 


1980年代には小耳症に対し


4回の手術で耳を作る「ブレント法 」の論文が


アメリカ形成外科学会誌に掲載され


欧米で主流 となっていました。  34


ブレントの所へ、何度も通い   フィアミンはブレント法を ヨーロッパに 広めましたが、


1993年及び1994年、2回の手術で完全な耳を作れる「永田法」の論文が


アメリカ形成外科学会誌に総計6論文、掲載され、


それ以降、フィアミンは、永田のもとへ、何度も通い


永田法をヨーロッパに広めることになりました。34


2000年に、「永田法」はアメリカ発刊の形成外科テキスト本となりました。21


2006年アメリカのテキスト本は、新刊を発刊することになり、


ハーバード大学形成外科・エリクソン教授からの依頼をうけて


「新たな永田法」をも含む原稿を、先週、アメリカへと発送したばかりです。4


ますます世界の小耳症手術の進歩を願って。237



 


 


 




私が形成外科と出合ったのは、9年前の新人の頃

当時は500床以上ある3次救急の病院に勤務し、

外科の混合病棟に配属された。

そこで、形成外科の看護に携わらせていただいたのだが、

衝撃的であり、興味をもてた

事故で運ばれ、指が切断されている。その接着術であったり、全身熱傷であったり・・・

失われたものが、新たにできあがる、新たに機能する・・・

その事に感動し、

そしてなにより、患者様が退院した後に

「看護婦さん、こんなにキレイになったよ!」

と笑顔で会いに来てくれる事が嬉しかった

その後は、異動やらで形成外科とは縁がなかったが・・・


ちょうど1年前位でしょうか・・・

縁があって永田先生と出会いました

みなさんが初診の時に聞かれる先生の篤~~いお話

そう、受診された方は誰でも知っている

あのスライドでの「小耳症の手術」の説明を聞きました

私の中で、心の奥底に眠っていたワクワクするような・・・

何ともいえない感情が新たに湧き出てきたのを覚えています

そして、手術に携わらせて頂き、

更に「感動!!」

まさに芸術である先生の手術

そして、手術後に笑顔になる皆様のお顔を見れるのが、

私は幸せです

今日はちょと、カルメンらしくない
まじめ~~なお話をしてしまった・・・・
ゴメンチャイ・・・

その昔・・・


園長先生が研修医の頃・・・


どこぞの医局の忘年会・・・


とある中華料理のお店で


かなり酔っぱらった園長先生は


な、なんと・・・


お料理を回す、中華テーブルに上に


しっかり正座・・・


ゆっくり、


ゆっくりと、


中華テーブルが回転を始める。


誰かが・・・


回しているのだが、


園長先生・・・


ケラケラ と笑いながら・・・


笑いなが・・・


ながら・・・


なが・・


テーブルは高速回転中!


園長先生・・・


突然、気分が・・・・・


・・・・・・・・


・・・・・


園長先生・・・


~~~~~をスプリンクラーしながら、


テーブルから転げ落ちた。


 


それ以降、


その中華料理のお店から


「出入り禁止!!!」


という名誉あるレッテルを


はって頂いております。


 


飲み過ぎには注意しましょう!


園長先生からの緊急提言でした。