FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今日は、あまりにも外来が忙しかったので、


病室の回診が夕方5時から、となってしまった。


回診が半分終了した時点で、


低血糖に襲われ、


医局に降りて


食べ物をむさぼるように食べて


又、残りの回診を行った。


 


小耳症の回診は、時間がかかり


抜糸は細かい縫合を行っているので、


細心の注意を要するところだ。


 


手術と同じような細かな配慮が細部にわたって必要だ。


 


なぜなら複雑な形の3次元形態の肋軟骨移植の上を


血行の良い厚さがたった2ミリの組織で、


覆い尽くされて初めて完成するからだ。



その一部たりとも完成するまでは、


まったく気を抜く事が出来ない。


 


もし2ミリ四方でも組織が完成しなければ


肋軟骨が露出してしまう。


 


そうなると、耳に変形をもたらす事もあるから


又、ただちにそれをカバーする手術が必要だ。


そうなると入院期間が延びてしまう。


だからこそ


異常なほど神経質な操作が必要だ。


 


そのような操作をして初めて


耳が完成し予定通り退院できる。


 


耳を作ると言う事は本当に困難な事なのだ。


「形成外科領域のキング」と称される由縁なのだ。


だからこそ、専門クリニックの存在意義がある。

以前勤めていた病院の近くに「スペイン料理 フェルジナンド」がある
友達を誘って、レッツ、ゴー 

「サグラダ・ファミリア」を思わせる外見??
入ってみると、スペインの陶器類や民芸品があちこちに・・・

おまけに、音楽も「フラメンコギター」
フラメンコギターでの「カルメン」も流れてきて、なかなかいい
私は、フラメンコギターの音色がたまらなく好きなので、酔いしれてしまった。

注文したのは「タコとトマトのサラダ」「アンチョビスパゲティー」「パイシュー」「ゆずシャーベット」
全て美味しかったぁ

そして、ここでは陶器類やら、スペイン皿など買えてしまう!!


CIMG0968.jpg



「にんにく壺」です。
これは、にんにくに限らず、じゃがいもや、たまねぎなど、芽が生えやすい野菜を保存しておくにはBestらしい。
驚くほど芽が生えてこないんですって!!
かわいいし、インテリアとしてもいい
そして、以前から「スペイン皿」が欲しかった私・・・

20070512030243.jpg


悩んだあげく、この2点を購入
そして、最後に、ここのマスター(?)が私達2人に
「25周年記念なんです。プレゼント」
と、写真に写ってる、バラのついたかわいい「小物入れ」をくれた

ここは、なかなか気に入った
家から車で30分もあれば着く所だし、通勤途中でもある
しかし、1人では・・・来れないなぁ

「いつでも来い、、困難よ!。」


「かかって来い、試練よ!。」


「襲って来い、危機よ!。」


 


これまで、こうして何度となく難題に挑戦し


最初は無謀な戦いに苦戦した事もあった。


 


崩れそうになっても、


逃げる事無く、


ボロボロになっても、「そこまでしなくても」と言われても、


いつも真正面から戦いに明け暮れた。


それが私の主義だ。


 


倒れても、よみがえり!


倒されても、立ち上がり!


そのたびに強い私に変貌して来た。


 


これからも、絶え間の無い挑戦は永遠に続く。


休む事を知らない私だから。


 


硬い杖になるまで!


硬い杖なら、倒れないから。