FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC03317.jpg


今日の手術は、半年前に作り直しした患者さんの耳立て術である。


半年前の状態は、上の左の図のように、


作られた耳から髪の毛が生えており、


耳の真ん中と、耳の後ろには、


色の違う、ソケイ部から採取した皮膚が、移植されていた「黄色で示した所」。


耳の後ろからは、陰毛が生えていた。


耳は薄くなりすぎて、ぶらぶらしており今にもちぎれそうだった。


正常な耳の場所を、右の図に青い線で示している。


耳の半分も場所がずれて再建されていた。


これを半年前に、永田小耳症形成外科クリニックで作り直した。


DSC03318.jpg

上の写真が、今日の耳立て術の術前の状態。


正常な場所に、毛の生えていない耳が出来ている。


DSC03321.jpg


今日は2枚目の血管膜を起こして、肋軟骨で、耳の支えを作り


頭から薄い皮膚を取り、耳立てを行った。


 


耳立て手術の詳細は、以前のこのブログを参照してください。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



今回はヒアルロン酸による若返り治療です。


手術をしたくない・・・


切るのは怖い・・・


・・・というような方に最適です。


まず、簡単にヒアルロン酸について簡単に説明しましょう。


ヒアルロン酸は、人間の皮膚(真皮)などに多く含まれています。


水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っています。


しかし、ヒアルロン酸は成長とともに次第に減少していきます。


ヒアルロン酸が減少すると、肌の張りがなくなり、皮膚表面も乾燥していくのです。


ヒアルロン酸って、いがいに大切なんですよ!


 


今回は、「眉間のしわ」にヒアルロン酸を注入し、


しわの改善をこころみます。


それでは実際の症例を供覧しましょう。


54歳、女性の患者様。


<before>


 


通常の状態。                       眉間にしわを寄せている状態。


通常の状態でも2本のしわが目立ち、眉間にしわを寄せるとより深くなってしまいます。


少量の局所麻酔を行い、ヒアルロン酸を注入していきます。


<after>:注入直後
 


通常の状態。                       眉間にしわを寄せている状態。


眉間のしわが改善されており、眉間にしわを寄せても、しわが出来難くなっています。


 


48歳、女性の患者様。 


<before>



 


眉間にしわを寄せている状態。


深いしわが目立ちますね。


<after>:注入直後


 


眉間にしわを寄せている状態ですが、


深いしわがなくなっているのがわかります。


<施術時間は5~10分です。>



ただそんなヒアルロン酸も永久に持つわけではなく、

半年間で徐々に吸収されていきます。


このように、期間限定ではありますが、


手術をせずに、悩みを解決したり、若返りをはかることができるわけです。


 


 


 

どの国にも国を守るためと称して軍隊が存在する。


国民の義務として、ある年齢となれば軍隊にに入隊し、軍事訓練を受ける国が多い。


戦争が始まれば、国から軍に入隊するような命令を受ける。


逆らう事など許されない。


アメリカですら、そうだ。


 


お隣の韓国でも、3年間の兵役の義務がある。


 


現在は兵役の義務が無い国・日本は幸福だ。


この事は、国際的に見ればものすごく稀な事だ。


むしろ奇跡に近い。


 


今後とも、この状態が継続する事を望んでいるのは


私だけではあるまいが。


ちょっとした一部の人の変化で、全てが変わってしまう可能性がある。


気をつけることが必要な時期に来ている。

第6感を働かせて、


物事を成功に導き、成し遂げるような事がある。


第6感。


とは直感とでも言うべき感覚である。


 


経験が多ければ多いほど、


この方向へ進むと行き詰るだろうと


直感的にわかるようになる。


するとその方向へは最初から行かずにすむために


無駄足をしなくてすむようになる。


 


時間の無駄が少なくなり、選択肢がおのずと、絞られるので


正しい方向へと思考回路が進み


進歩も早くなる。


直感は、経験によって磨かれる。