FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

セラピールーム(診察室)に入ると、いい香りが満ちていて、リラックスするBGM341がながれている。


フットバスで気持ちをほぐしながら、まずはコンサルテーション。


個人の体質や、その日の体調によってアロマ姫513がオイルを選択。


ちなみに疲れの他に下肢のむくみと頭重感が気になる私は、ローズ・オレンジ・ゼラニウムのmix。


うつぶせになって背面全体、そして前面、もちろん上肢も下肢も姫の手のひらが、私をほぐしていく。


最後の仕上げはフェイシャル。


誰かが、自分のためだけに尽くしてくれるという、なんともいえない優越感352


「お疲れ様でした。おわりですよ~」という声で目覚めると、なんと2時間も経過363


心も体も文字通り「ゆるゆる」で「もちもち」で「ホカホカ」。


十分に満たされた気持ちで家路につきました。


280もぐっっすり眠り、すっきりさわやかな朝281をむかえました。


定期的につづければ、姫の言うとおり、体質改善につながるのでしょう。


是非、またいやしてね。


おねがい421 アロマ姫344363


 

サルトル様からご紹介いただきました 267アロマ姫267です。


眠れる森の美女に名づけてもらいました175


「姫」なんて恥ずかしくて・・・。と思っていましたが


聞きなれると、恥ずかしさも吹っ飛び、自ら267マークつけて自己紹介してしまいました68



先月からアロマセラピーを始めることができました。


これもサルトル様はじめ院長婦人、愉快な仲間たちのお陰です。53


嬉しくて 嬉しくて 嬉しくて237


アロマもブログもがんばります23686

全ておんぶに抱っこと言う人がいる。


誰かにやってもらえないから出来ないとか、


誰かにやってもらっている人がいるのに、


自分には誰もいないからとか


自分の、親が貧乏だから、とか。


そんな言い訳をする人は、


いつまでたっても自立などできるはずがない。


 


自分の汗と力で積み上げてきた事だけが


結果として残る。


人から、してもらった事は、


単にラッキーな事で、


自分の成長のためには、決してならないものだ。


 


やってくれる人が死んだら


おんぶに抱っこの、


その人はそれでおしまいだ。


 

皆がよく「年を取った」からと言うのだが。


私などは、57歳に今年なるのだが、まったく歳をとった気がしない。


手術中も、その後でも、20年前とあまり変わったようには感じないからだ。


写真で比べると、やや、歳をとったかなという程度で、


体調全体には、さほど変化を感じない。


 


感覚的にも、昔と同じだし、


むしろ、感覚が鋭敏になっているような事すらある。


海外の学会に何回行っても、同じように感じている。


 


よくテレビなどで、同年輩の人たちが、


「歳だから昔のようには出来ない」


と述べているシーンがたびたびでてくるが、


私にとってそれは「うそ」だ。としか思えない。


 


そんなに簡単に衰えるものだろうか・?


そんなはずはない。


 


もっと同年輩の方達は、がんばってほしい。


80歳でも世界の最先端で、仕事をしている人が、いるではないか。


 


 

先週土曜日には、学会で、私がベルリンにいっていたため不在だった。


そのためか、今日は、外来が混み合った。


今日の午前中は、耳の患者さん新患が3名、


その他、術後患者さんたちが殺到して、


用意してあった外来用のスリッパが不足する事態となった。


私が外来を行っている間、外来手術を園長先生がやっていた。


それでも、何とか12時20分に午前の部が終了した。


 


午後からまた新患の方が来る予定となっている。


包帯交換を何時からできるのかが問題だ。