FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

交通事故にあって顔から血を流して


道に倒れ、救急車を待つ人がいる。


そこに通りかかった人達がいる。


 


血が流れている状況を見た人たちは驚いて色々な反応を示す。


1・無関心を装う。


2・「大丈夫ですか?」「なにかお手伝いが出来る事がありますか?」


3・「きゃー、ひどい血」と思わず顔をふさぐ。


 


大都会では、上の1・の人が多い。


2・の人はとても親切な方。


3・の人は女性に多い。


 


3の人は、自分が感じたことを、ただ素直に言ったのかもしれない。


しかしこれは、倒れている人にとって見れば、


「自分は、そんなに重症なのか」と、気がめいって、落ち込んでしまう。と言う結果となる。


すなわち、3の反応をした人は、最も最悪の反応をしたのである。


決して、かわいい反応ではない。


怪我をした人に対して恐怖を与えてしまった。


戒めるべき反応である。


 


それと同じことが病院でも言える。


小耳症手術後の包帯交換を見て、


母親が「血を見るのが苦手だから怖いから見ません」と言うと


小耳症の子供さんは、どう感じるのだろうか?


 


「えっ、自分は、怖い状態なのだろう。血が出ていて、大変な事になっている。」


と恐怖感をあおる事になる。


だから。母親の反応としては失格となる。


 


「耳が出来ていてよかったね。」と言って傷を見てあげると、


子供の小耳症患者さんは、がんばって手術を受けてよかった。


と感じる。


親の反応はこうあると、優等生と言う事になる。

どんなに説明しても、


その説明の写真を、見てもいない人がいる。


 


「見てくださいね。」といっても見ようとしない。


そして写真を出して見せている事を、見てもいないので、質問する。


 


これではたとえ、3000年説明しても、わからないかもしれない。


堂々巡りだ。


 


手術は、いやでも写真を出して説明をしないとわからない。


百聞は一見にしかずと、ことわざにもある。


説明不足だと非難を受けるこのご時世なので、


完全に理解してもらうための説明をしている。


1時間半も。


 


血の出ている写真を見るのがいやだという事であれば


親として子供に説明も出来ないであろう。


意味がない。


 


もう、お互いに疲れるだけに過ぎない。


 


非常に、たまに、こんな方もいます。


そんな時、私も疲れます。

異常気象のせいなのだろうか?


まだ、梅雨が収まらない


あまりの湿気に外に出るとむっとする。


 


外での仕事の人にとっては大変なシーズンとなっている。


熱中症には注意が必要だ。


長時間連続は危険だ。


クーラーの効いたところで休みを取ったほうが能率も上がる。


 


子供や老人では特に、体の水分調節が出来ないような場合が多くなり


突然、高熱を発して救急車で病院送りとなる事がしばしばだ。


手遅れで死亡もありうるので、要注意だ。


 


そんなことのないように普段から涼しくして


水分補給を。


 

いよいよ選挙が近づいている。


今度の選挙は、見ものだが


ニュースによると、自民党が大敗しても


阿部首相は止めなくとも、よいという自民党の方針が出されている。


自民党自身が悟っているのは、


まず、自民党が議席を減らす事は間違いないとの予測が立っているらしい。


通常、大敗すれば首相退陣はやむをえないというのが


今までの常識だったのだが


今回に限りそのようなことがないというのは


理由がはっきりしない。


よほど人材不足なのか?

昨日の手術で、肩こりが残っている。


10時からは、全員の包帯交換。


約2時間かけて行う。


 


小耳症患者さんの消毒処置。


うち一人は両下腿熱傷患者さんのシャワー浴と足浴及び処置


その間に明日の小耳症手術予定患者さんの入院がある。


明日の手術に向けての準備処置や麻酔医への連絡。


カルテ記入。


 


そして、午後からは外来患者さんの診察。


と、結構忙しい。


 


それとは別に、アメリカのバージニア大学との聞こえの手術患者さんの


連絡のやり取り。


またアメリカの形成外科テキストの較正のやり取りなど、


仕事は多義に渡っている。

気になる君のメロディー。


忘られぬ君の歌詞。


その声は、


この世の奇跡。


聞けば聞くほど、胸を刺す。


 


なぜなのか?


その真剣な眼差しは


私の脳神経シナップスを電鈴し、


アドレナリンの大放出。


頭頂部から足先に到るまで、


さざ波のごとき鳥肌が電撃ショック。


 


この燃え滾る、ロマンに、


共振する互いの神経細胞。


激しい想いは激震のごとく伝って来る。


 


真実の時が流れる。