FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

重度のローヘアーラインを伴う小耳症の入院患者さんが


当院には多く入院している。


この状態は、従来法では、対処できなかった。


 


すなわち


髪の毛が生えない耳を作る事が出来なかった分野で


耳の再建が不可能とされていた。


 


髪の毛が生えない耳を


私が開発できたのは


耳の再々建手術を数多くやるようになって


開発していく時に、発見した事から


可能となった。


 


再々建手術は困難で時間もかかる手術だが


同じようにローヘアーラインを伴う小耳症手術も


困難で長時間を要する手術である。


現在入院中のローヘアーラインを伴う小耳症患者さんは


全て順調で包帯交換の最中も安心だ。


皆子供なのに礼儀正しい患者さんなので


言う事も聞いてくれるし私も助かっている。


 


ローヘアーライン「頭髪低位」の小耳症手術法に関しては


このブログに以前何回も書いてあるので参考にしてください。


 

老後を楽しく暮らせたら、


人生終わりよければすべて良しと言う事になる。


 


ところが今、国会でも大騒ぎとなっているように


年金問題がうまく機能すらしていない。


ただでさえ、生活保護より安い年金なのに、


それすら崩壊している。


根底には集めた年金の投資に失敗し


アメリカのファンドなどで、多額の損失を出し、


これを回収できないとの、テレビ番組が


以前に放送されていた。


 


とにかく、国は現実には、この全てを隠し通したかったはずだ。


この問題も誰も責任を取ってはいない。


 


 

年金はかけた分以下しか、でないならば


国民は自分で貯金をしていたほうが良いと考えるようになる。


 


戦後高度成長してお金の価値が変わるときは、


年金をかける意味もあったが、


 


物価が変わりないか、むしろ安くなるような時代では


多くの年金を給料から差し引かれたあげく、


老人になってからは二束三文では


むしろ自分で貯金しておいたほうが懸命だ。


と考えるようになる。


 


生活保護よりも安く 


生活が成り立たないような年金は


意味がない。


 


日本の年金制度は


子供だましだ。


間違っている。


 


 


 

ついに病室にゴキブリが1匹出現した。


婦長が恐ろしがって、


悲鳴に近い状態で救いを求めて医局へ飛んできた。


意外な一面だ。


 


直ちに、事務長が飛んでいって


スリッパで一発必殺技。


一撃で、しとめた。


 


当院ではゴキブリだけは、


来ないように細心の注意をこれまで払って


常に生ゴミなどはすぐに処分しているが、


腹立たしい事に夏になると


どこからともなく飛んでくる。


 


皆さんも気をつけましょう。