FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

ますます、大都市に日本人口は、流入してきている。


去年あたりから、都会の地価は上昇を開始したが、


地方は低下と言う2極分化が進んでいる。


 


大都市は、病院も多く、医療レベルも高い。


又、娯楽施設も多く、文化施設も多い。


交通機関も発達している。


 


昔のように老人になったら田舎で暮らすなどと言う常識は消え去った。


地方都市には、下手をすると低レベルの医療施設すらもない。


老人にとっては、死活問題だ。


小児科も産科も崩壊した。


子供にとっても妊婦にとっても死活問題となっている。


 


老人は、しかも生活保護より安い年金だけではとても生活できない。


老人とて働く必要がある。


きちんと年金を払い続けてきた老人達に


生活保護費用より安い年金しか出ないことは


矛盾しているではないか。


田舎では仕事はない。


 


こんな事では老人が田舎に行かないのは当たり前だ。


 


又、若い人はもちろん都会へ出てきたい人が多い。


教育のための施設が大都市に集中しているからでもある。


全体の人口は減少しても


大都市の人口は増加して


関東、愛知、大阪圏の合計人口が初めて50パーセントを超えた。


 


このままでは地方都市は崩壊する。

今日は昨夜のアロマテラピーで


眠くなるというアロマを使ったマッサージを受けたため、


昨晩は10時ごろから朝8時までぐっすりと眠ってしまったのだ。


なんとすっきりした事か、


 


眠くなるというのは本当だった。


今日の手術は夕方には終わったが、


 


木曜日と金曜日には連続して、10時間予定の小耳症手術が予定されている。


これを乗り切るためには、相当体力がいる。


 


さらに来週も同様に長時間手術予定だ。


よく体力が持っている。

DSC03748.jpg


今日の手術は耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術。


術前のデザインを示す。


DSC03749.jpg


3次元肋軟骨フレームを作成した。


DSC03750.jpg


皮弁形成及び皮下ポケットを作成した。


DSC03753.jpg


手術直後の状態を示す。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



またまた、フラメンコネタでゴメンなさい。。。
今日は、フラメンコの先生が発表会に使う『付けまつ毛』を買ってきてくれました。
以前のブログにも書きましたが・・・
この「付けまつ毛」って、かなり難しいのだが・・・

CIMG1071.jpg

↑↑
これは、私が300円位で買ったもの
スゴイでしょ・・・
でも、でも・・・
先生が買ってきてくれたものは・・・

CIMG1068.jpg


これ
スゴイですよね・・・ボリュームが違う!!
1000円ちょっともする!!高い!!
付け方の練習しなきゃぁ~~

しかし・・・暑い、暑い。。。
この季節、何もしなくても汗がダラダラなのに、
ちょっと踊っただけで汗だく・・・
汗のかきすぎで、付けまつ毛が取れる!ってことはないのか・・・??