FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

多くの事故の中でも驚くのは


瞬間的な事故は


大怪我をしても気が付かない事があるという事だ。


 


以前のニュースで驚いたのは、


窓から腕を出して運転していた人が、


何かに腕を接触し、切断していたのにもかかわらず、


何キロもそのまま運転したあげく、


やっと、自分の腕が切断されて、なくなったことに気がついたという。


 


そして今日のニュースによると


大型バイクに乗って高速道路を走っていた人が、


中央分離帯に足を接触して


膝下10センチの部分で切断したが、


気がつかず、2キロ以上も転びもせず走って、高速道路の出口を降りてから、


ようやく、気がついたとの事だった。


 


このように瞬間的に切断した場合は、


痛みも感じないことがある。


 


しかし気がついた瞬間、本人は


「あれ、どうして足が無いのだろう?」「腕が無いのだろう?」


そんなはずは無いと、何回も確かめた事だろう。


理解できなかった事だろう。


 


そして血だらけのを見て


本当に切断されているという事実をようやく理解したときには


血の気が抜けるほどの大ショックだったに違いない。12


 


このような事故にはご注意を。237


 


ショルダーバックを肩にかけようとして、


瞬間的に耳のピアスに引っ掛けて、


耳たぶ」が裂けても、気がつかなくて、


飛行機の座席に座った。


 


と・隣の人が驚いた目をしている。


そして、自分の肩を指差している。


ふと自分の肩を見ると、


おびただしいが肩を染めていた。


と言うことはよくある事だ。


 


そんな患者さんの話を聞いて治療した事もある。


 

DSC03779.jpg


今日の手術は、ローヘアーラインを伴う耳垂残存型小耳症。


DSC03780.jpg


耳があるべき場所を赤マジックで書いた。


耳上の3分の1は、髪の毛が生えている。


DSC03781.jpg


デザインが完成したところ。


DSC03782.jpg


3次元肋軟骨フレームを作成した。


DSC03783.jpg


あらかじめ耳の上に当たるところの頭から薄い皮膚を採取した。


そして、さらに、耳があるべき部分の毛根部を切除した。


DSC03784.jpg


皮弁を形成したところ。及び皮下ポケットを作成した。


DSC03785.jpg


3次元肋軟骨フレームを移植し、


耳下半分は、皮弁でカバーした。


耳上半分は、血管膜でカバーした。


DSC03786.jpg


耳上半分の血管膜の上にはあらかじめ頭から採皮していた皮膚を移植した。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



スペイン語を習い始めて、早6ヶ月目・・・
全くといっていい程、上達せず・・・
スペイン人の友人Gさんには「ダメねぇ・・・・」と言われている私・・・
挫折ぎみの今日この頃・・・
しかし、スペイン語教室にはちゃんと通っています
まだ、まだ諦めてません。。。

今日は、面白いスペイン語でも紹介しましょう

スペイン語はほとんどローマ字読みで読めてしまいます。
は発音しないとか、Jはハ行読みなので、「ja ji ju je jo」は「ハ、ヒ、フ、へ、ホ」と読む、「ñ」はニャ行など・・・例外も少しあるけど、なんとか読めちゃいます。

日本人の「Junko(じゅんこ)さん」は、スペイン語では「フンコ」さん、
「hiroko(ひろこ)さん」は「イロコ」さんと読まれてしまうそうです。
ふふふっ・・・・

お馬鹿な私がすぐに覚えた単語は、
 vaca(バカ)は「牛」
 ajo(アホ)は「にんにく」です。「ajo」の「a」にアクセントなので、注意ですがね・・・

干支の話をしていた時、知り合いのAさんが
「Yo(私) soy(~は) vaca」と・・・
えっ、「私はバカです!???」
いやいや、「私は牛です」と。
一瞬ビックリした事を覚えています(笑)

疑問文には文の始めに「¿」逆さの?マーク、もちろん最後にも「?」を。
ビックリマークも「¡」と「」で文を挟みます。
表現が過剰なスペイン人・・・文章も過剰表現です!!

こんな具合に、ちゃんと勉強して・・・いる???スペイン語・・・
ちゃんと勉強しなきゃなぁ・・・