FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

アメリカの住宅ローンの


低所得者用の高金利ローンが


焦げ付いたために


世界同時株安となっている。


 


日本経済はようやく回復基調だが、ここに来てGDP上昇率は


もう、スローダウンとなってきた。


 


また、ガソリン価格が最高値となっている。


都内マンション価格が上昇している。


が、発売数を絞っているからに過ぎない。


在庫は存在している。


 


景気の動向は、予断を許さない状況になってきた。


景気がもし悪化するような事にでもなれば


阿部内閣はすぐにでも崩壊する。


きわどい状況を中止すべき時だ。

今日はお盆であるが、


外来は忙しかった。


 


やはり、この休みを利用して日本中の


遠隔地からはるばる、小耳症患者さんが来られた。


 


関東の人とは移動が逆方向になるので


むしろ、交通機関は、すいているかもしれない。


 


そして手術の予約を取られて帰られた。


 


非常に暑い今日は、


外のあちこちで蝉の鳴く声が響き渡っている。


 

きょうの午後は土佐犬に


頭皮の大部分と共に


右の耳を


噛み千切られて


なくなってしまった子供さんが来院された。


 


かわいそうに


右の耳は耳たぶの一部を除いて、ほとんど、なくなっている。


 


大変なケガである。


生きていてラッキーとしか言いようが無い状態だった。


本人はショックのあまり、そのときの記憶が無い。


 


犬は飼い犬であれば、


あまりそんなことは、おこさないと安心して接する事が多い。


 


ところが甘く見てはいけないのだ。


犬は、噛み砕く力も強い。


先祖は狼だったのだ。


 


 


 


 

統計対象サイトによって


自分のホームページを


どの国から見ているのかを


6月から検索する事が出来るようになっている。


 


それによると


永田小耳症形成外科クリニックのホームページは


意外な国の人まで見ていることがわかった。


 


イタリア・フランス・ギリシア・ロシア・台湾・コロンビア・パキスタン・中国・ルーマニア・


ドイツ・シンガポール・ポーランド・インド・などと


結構世界中で見られている。


驚きだ。

今日8月15日、お盆だ。


午前中は小耳症の退院患者さん2名。


そして、入院患者さんが2名。


そのあと包帯交換で


たっぷりと昼までかかった。


 


ギリシアの耳欠損の


患者さんからファックスが入り


 


「ヨーロッパに、


永田小耳症形成外科クリニックでの


教え子の形成外科医がいると聞いているが


誰か紹介してくれ」


との連絡が入る。


 


お盆も結構忙しい。


 


 

中国で作られたおもちゃが


アメリカにおいて、安全性で問題となり


自主回収が進んでいる。


食品添加物でも問題が多発している。


中国国内では、海外ブランドの知的所有権を無視した製品が出回っている。


 


このように宇宙まで人を飛ばしている中国なのにもかかわらず、


開発途上国みたいな出来事が多いのは、


国際基準の製品と言う知識に乏しいからだ。


来年オリンピックが行われる予定だが、


大気汚染もひどい状態で改善できそうにも無い。


それどころか日本の大気まで汚している。


 


中国は広すぎて統制も取れていない。


文化大革命時代には、ブルジョワは弾圧され、


中国人は、ぼろぼろの人民服を着ていた。


それが美徳であると思っていた。


 


それからほとんど時間が経っていないのに


現在では、全く逆の事を行っている。


経済優先で、公害問題などは後回しだ。


 


このように、体制がころころ変わり


そのたびに言うことも全く変わってきた。


またいつ変わるのかも、わからないような国は国際的な信用がない。


 


オリンピックを良い機会として、まともな国となる事を望む。