FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

診療終了後、


全身のアロマテラピーを受けた。


アロマの香りを調合して


今日は元気になるアロマオイル


3種類の混同したものを使ってのマッサージとなった。


 


肩のマッサージから始まって


一時すると夢心地となり


眠りに引き込まれてくる。


気がつくと


 


肩こりと頸こりが取れてすっきりとなった。


やはり週1回のアロママッサージは欠かせない。

夕べは寝違えたらしく首が痛い。


首が痛いと吐き気もしてくる。


消炎鎮痛剤を飲んで何とか回復。


 


まだ本調子ではない。


今日の夕方はちょうど、


アロマテラピーを受ける事になっている。


良かった。


 


何とか頸の疲れを癒して


明日の小耳症手術もがんばらなければならない。

先月起きた新潟県の柏崎地震では


70代から80歳代のお年寄りの住む家が壊れ、


老夫婦の死者がとりわけ目立った。


 


また、今月の猛暑においては、老人が熱中症で多数死亡している。


今日のニュースでも


クーラーの無い80代の老夫婦が、アパートで死亡しており


熱中症だったと言う事である。


 


また別の住宅では、扇風機から発火して火事となり


80代の老夫婦のうち夫が死亡。


妻が、意識不明の重体となっている。


 


生活保護費用よりも安い年金。


誰も面倒を見ないで、死に行く老人達。


医療費を削減したために、


老人を入院させると赤字となるので


放置されてしまう日本。


 


お年寄りに冷たい国・日本。


国民総生産・世界第2位の国とは言えない。


こんな事では


日本はまだまだ、中国と同じような開発途上国だ、と言われても仕方ない。


 


いずれ、今は若いあなたも、老人となる。

中国政府によると


今年の中国の輸出総額は


アメリカを抜いて、ドイツについで


世界第2位となると、発表された。


 


貿易黒字額は世界1となる。


外資系の工場で生産されたものが多いとの事だが


このまま伸びて、


中国の自国のブランドが開発されて来るようになれば、


世界1の輸出大国となる日は、近い事だろう。


 


ただし、その前に、大気汚染を防ぐために


自動車の排気ガスを減らす車への規制や、


工場の排ガス規制。


世界に信頼される安全な食料品対策のための厳格な検査。


など、お金をまわして解決していかなければならない問題が山積している。


 


そのうち、中国国民は、公害による病気が蔓延して


その補償問題が、将来急増するだろう。


 


また国民の一部しか、


まともな医療にかかれない点をも


解決していかなければならない。


 


そのような事の実現のためには、人権も尊重されるべきだ。


 

「美しい国・日本」


とタイトルを抱えて阿部内閣はスタートしたものの


具体的に美しくしようと言う試みが、


国会で審議されていない。


 


日本国を、美しくしたいのは皆が望む事だろう。


自分の家だけでなく、


町全体の事も考えた共有スペースも重要な事だ。


 


ヨーロッパでは昔から


町全体の景観や使いやすさを考えた設計がなされて


美しい町が実現してきた。


 


日本では、品の無い色の看板や、


景観を壊す電信柱が林立して


要塞みたいだし交通の妨げにもなる。


日本人として情けない。


このような電信柱は、地中に埋めるべきだ。


 


一つづつ、解決していかなければならないのだ。


 


 


 


 


 

また今日から1週間の始まり。


小耳症の退院の患者さんを診察して


病室の患者さんの包帯交換を行った。


その後、小耳症患者さんの入院があり


診察して、午前中、一段落となった。


 


包帯をはずした小耳症患者さんの耳を


子供同士で集まり


皆で見て、


「すごい!」


「きれいやなー。」


「おれのも、きれいかなー?」


と、興奮気味に話している。


 


私にとっても、


小耳症の子供達にとっても、


この時が、一番嬉しい幸福な時だ。


 


この、やりがいのある瞬間のために


私は、小耳症手術に生涯をかけている。