FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

8月も終わりに近づいて


やや、気温が下がって来た。


 


東京の昼間の気温は25度代だった。


つい最近までの暑さとは様変わり。


すごしやすかったが


もう少しの間、


暑さが続いていたままでいてほしい。


 


いつも、秋になると、


暑かった日差しが懐かしく


思い出されて


ちょっと、センチメンタルになる。


 

DSC03917.jpg


今日の小耳症手術術前の状態。耳垂残存型小耳症。


DSC03918.jpg


作成した3次元肋軟骨フレームを示す。


DSC03919.jpg


作成した皮弁及び皮下ポケットの状態を示す。


DSC03920.jpg


3次元肋軟骨フレームを、皮下に移植した所。


耳の前方で、あらかじめあった色々な皮膚の陥凹部を修正している。


余分だった皮膚を切除したものを、写真の右上に置いてある。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



さて、いよいよ本番です
開演のブザーがなり、会場が暗くなり・・・
緊張~~~
自分の出番まで、練習、練習・・・

出番の直前は、カンテ(唄)のソロです
次だと思うと、かなり緊張・・・
しかしみんな緊張している中、Kさんがノリノリ・・・
ソロのカンテの「コーヒールンバ」が聞こえてくる・・・
それに合わせてここはでディスコ??って思わせるような踊りを・・・
かなり笑わせていただき、緊張がほぐれた

カンテソロが終わり、いよいよ出番です
さすがに緊張・・・
曲の速さが心配、心配・・・
なんせ、私と、パートナーのNちゃんは常に舞台の真ん中で踊るので、目立っちゃうし・・・

ギターが鳴り出し、
リハーサルよりゆっくりだっ!
ホッ・・・
そこで、私のパート-ナーNちゃんと笑顔、笑顔・・・
リハ-サルで思いっきり2人で間違えた所も、バッチリ!!
更に2人で笑顔、笑顔・・・
曲は4番構成になっていますが、3番まではパートナーのNちゃんと組んで踊り、4は番全員正面・・・
そして、そこでも私はなぜか前列の真ん中・・・
みんなのテンションも上がってるのか、パリ-ジョス(カスタネット)が速くなり、踊りが段々速くなる・・・
途中、舞台に貼ってあるテープに靴が引っかかりバランスを崩した・・・
が、なんとか踏ん張った・・・
最後の決めポーズはとびっきりの笑顔!!
舞台を撮影しているカメラが会場の真ん中に設置してあるのだが、
そのカメラに向かってフィニッシュ!!

楽しかった~~~
先生にも、「いい笑顔でよかった」って言ってもらえた。
どうやら、私とNちゃん以外は笑顔まで作れなかったらしい・・・
えっ・・・・
私とNちゃんは「今までで一番の笑顔で踊れて、楽しかった~~」
って具合・・・
私は目立つのは苦手・・・だったのに・・・
舞台は快感だった
観て、観て~~~って感じ。。。(笑)

こんな感じに私の初の発表会は終わりました。

もっともっと練習してうまくなれる様に頑張ろ~~っと