FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC04172.jpg


再建耳全欠損の症例。術前の状態。


耳の真ん中に違う色の皮膚が移植されている。


耳の上は全く平らとなり、多くの傷が残されている。


左耳垂残存型小耳症を、大学病院形成外科で手術されたが、


残念ながら、全て再建耳が、なくなってしまった症例。


そこでさらに別の大学病院にかかったが、そこでも、再々建が困難と言う事で、


永田小耳症形成外科クリニックを紹介され今日の手術となった。


すなわち2つの大学病院形成外科でも、治療が出来なかった症例。


DSC04173.jpg


手術のデザインが完了した状態を示す。


耳の中の色の違う皮膚は切除する。


DSC04177.jpg


耳たぶの裏からいい色の皮膚を皮下茎皮膚弁として耳の中に移動した。


頭から、浅側頭動静脈の血管膜を起こした。


この血管膜の後方下部はすでに、破壊されていた。


DSC04176.jpg


3次元肋軟骨フレームを作成した。


DSC04178.jpg

3次元肋軟骨フレームを移植して、耳たぶ、耳珠前面、耳珠後面を、皮弁でカバーした。


耳の上方4分の3は、血管膜でカバーした。


DSC04181.jpg


頭から、薄い皮膚を採取して血管膜の上に移植した。


DSC04183.jpg


陥凹部分へ軽い圧迫をかけて、皮膚、血管膜、3次元禄軟骨を密着させるために


ロール上に巻いたガーゼに軟膏を塗りこんだ物を縫合固定した状態。


DSC04184.jpg


頭の皮膚を採取した部分の上には、シートをかぶせてある。


こうすると、出血もなくなり、痛みも取れる。


傷が治って、髪の毛が生えると、シートは脱落する。


耳の周囲には、


接着剤のついた厚さ2センチメートルのレストンスポンジを


耳の保護目的で当ててある。


この上から軽く全体にガーゼを載せる。


 


永田小耳症形成外科クリニックには、


このように全国の大学病院形成外科で手術されたものの


不幸な結果となってしまった患者さんが最後の砦として、


再々建術を行いに集まってこられる。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。