FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC04327.jpg


本日の術前、元は耳垂残存型小耳症だった症例。


ある大学病院で、すでにTanzer法もどきの手術を、された小耳症。


全ての形が不明瞭で、耳穴が無い事が丸見えで耳は立っておらず、


耳の後ろ、及び耳の真ん中、には色の違う皮膚が移植されている。


DSC04328.jpg


立っていない耳を持ち上げて後ろから見ると、陰毛が生えている。


縫合した跡も目立つ。


DSC04329.jpg


手を離すとこのように、耳と頭とが分離されているものの、全く立ってはいない。


耳の後ろに股の皮膚を移植しただけの手術なのでこのように、絶対に立たないのだ。


DSC04330.jpg


本来あるべき耳の位置を赤マジックで、示している。


DSC04331.jpg


デザインが完成したところ。


DSC04333.jpg


左が摘出したTanzer法の肋軟骨フレーム。対輪の肋軟骨が融けている。


真ん中が、新たに作成した永田法の、3次元肋軟骨フレーム。


DSC04334.jpg

肋軟骨フレームを抜き取ったところ。耳甲介部の色の違う皮膚は切除した。


DSC04338.jpg


耳たぶの後ろに良い色の皮膚が隠されているので、


皮下茎皮弁として、生きたまま分離したところ。


DSC04339.jpg


耳たぶの後ろからの良い色の皮下茎皮弁を、


耳甲介部の色の違う皮膚を切除した所へ移動して来た。


DSC04340.jpg


3次元肋軟骨フレームを移植したところ。


耳珠および、耳輪脚ができた。また耳の穴があるように深くなっている。


DSC04342.jpg


陥凹部にはガーゼを詰めて、密着させて、縫合固定した。


腫れが引いて耳の輪郭が出た状態になる半年後に、耳を立てる手術をする予定。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。