FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

明けましておめでとうございます

今年の年末年始はクリニックで過ごさせてもらい、良かった、良かった

正直、この年末、年始は何処に行ってもつまらないし、テレビもぱっとしない。。。
病院にいる方が私としてはありがたい。
看護師になってから、ほとんど年越しは病院
以前勤めていた病院では、患者様と一緒に「初日の出」をみたものだが・・・

今年は誰1人として起きてこないじゃない・・・??じゃあ、私一人で初日の出を見ようかしら・・・
な~~~んて思っていたのに、気づいたらもう太陽は昇ってるじゃない!!
がっくり・・・
まっ、いいか

今日は実家で姪っ子たちにお年玉を渡し、雑煮をいただいて、どっさり野菜やらおせちをもらったので、夜も雑煮を作ってたべました
1日中雑煮・・・
ちょっぴり、正月気分
今年はいったいどんな年になるやら・・・?

今年もよろしくお願いします

永田小耳症形成外科クリニックでは


昨年中に小耳症の耳再建手術を行って


当院で年を越し入院中の患者さんが、12名いる。


日本中から来られて手術を受けた患者さんと


韓国から入院された患者さんだ。


それぞれ出身は違っても、


連帯感があるから不思議だ。


クリスマスの日に手術をした患者さんもいる。


 


そして今年も、手術予定の患者さんが待っている。


正月のわずかな休みを挟み


また、耳の再建が待っている。


今はそのわずかなひと時だ。


 

今日の関東地方は快晴。


1年のスタートとしては、縁起のよい1日となった。


こんなに晴れる穏やかな日も珍しい。


 


天空にさえぎるものが無い。


素晴らしい青空だった。


 


かつて、私の手相運勢を、コンピューター占いで見た時、


 


「ロケットが、天に向かうように、さえぎるものが全く無く


まっすぐに、どこまでも、登って伸びて行く運勢の人。」


と書いていた。


 


なんだか、


それが当たるような今年となれば良い。


 


 


 

しばらく永田小耳症形成外科クリニックともご無沙汰だけれども、みなさんお元気ですか?明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。


今年はちょっと事情がありまして、ぜんぜんお正月らしくないお正月を過ごしています。


子供のときからお正月が嫌いで、若いときは「明けましておめでとうございます」と言われても「別にめでたくありません」と答えていたけれど、さすがに3人の男子の母となってからはそういうわけにもいかず、年越しそばも食べるし、雑煮も煮るし、初詣にも行くようになりました。


しかし食べない「おせち」は作らないし、年賀状は私の分は2枚しか書きません。


でも今年は年越しそばも間に合わず、これから「年越しちゃったそば」をゆでるつもりです。


でも今年は例年になく3人の息子が家にいて、いろいろ家事をしてくれるので「う~む、母は満足じゃ」と言った気分です。


もうこんなことはないかもしれない。


父はクリニックにいて、そばは食べられないので、そのうち、持って行くつもりですが、フム、いつになることやら・・・

2008年明けましておめでとうございます。


またしても年が明けた。


 


昨日と今日が特に違っているわけでもないのに


昨日は2007年だったと思えば


大きく過ぎ去った過去のようだ。


 


こうしてまた、今年こそ、と心新たにできるのも


新年のスタートの日と言う特別な意味合いがある。


 


今年こそ、


皆、それぞれが望む事を実行し


実現する事が出来れば、


また来る年末には心の底から幸福になることが出来る。


そのための初日が今日だ。


 


心新たに、生まれ変わることが出来る特別な日だ。