FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

なんと、当院の若先生である園長先生は


お正月、ハワイで過ごしたのだった。


ハワイでのすべての食生活は、「大きい事はいいことだ」。


みたいに、全てがジャンボサイズだったと驚いていた。


 


私も学会で、サンフランシスコ。ロサンゼルス。ダラス。ボルチモア。


など、たびたび訪れる機会があった。


そのたびに、それらの


アメリカの町で、色々な食事の店やスーパーなどを利用する。


 


そのたびに、スーパーでは、バケツ大のアイスクリームやバケツ大の肉の塊ごとの販売、


に驚き、腰を抜かす。


レストランで注文すると、大きなビールジョッキ大のコカコーラが出てきたり、


大きなフライパン大のハンバーグが出てきたりで、腰を抜かす。


日本だと、4人分の大きさが常識なのだ。


 


今回の園長先生の体験も同じだった。


ハワイでは、超肥満の人たちが、非常に多かったことに驚いていた。


日本で言う肥満とは、桁違いの肥満なのだ。


食生活は恐ろしい。


 


やはり日本食は、素晴らしいのだ。

今日の外来も忙しかった。


以前手術されたが、


不幸な結果となってしまった小耳症の患者さんが


新患として2名来院、


1名は、予約された。


 


もう1名は、考えてみる事になった。


いろいろ、悩む事も多いのだ。


 


色々な病院で、手術されて不幸な結果となって


作り直しとなれば、以前の手術がトラウマとなっているので


その呪縛から抜け出せない方がいることも理解できる。


 


小耳症のように、発生数が非常に少ない疾患では、特に


最初から、専門病院を調べ、


複数の病院で話を聞いてから慎重に


選択して判断する事が、最も重要な事だとつくづく思った。


 


 

先日、友人から映画の招待券をいただきました
なんて、ラッキーなのでしょう
その映画は
アガサ・クリスティーの
『ゼロ時間の謎』です(フランス映画)

CIMG1164.jpg


そう、ミステリーです。
映画はあまり行かない方ですが、「タダ」で観れるので、行かない訳には・・・
で、先日友人と行ってきました。
場所は渋谷の「Bunkauraル・シネマ」
東京ではきっと、ここだけの上映・・・

月曜日だから、すいてるかな・・・と思いきや、何故かご年配の方ばかり・・・けっこう混んでいました。
渋谷のマダム達かしら・・・

内容は主人公のギョームは新妻と前妻を伴って、大金持ちの叔母の別荘へ。その別荘で殺人事件が起こるのだが・・・
嫉妬、恨みなどなど・・・ドロドロな人間関係が絡みあっていく・・・
なかなか楽しめました
興味のある方、是非観に行って下さいな。

券をくれた友人よ、ありがと~~