FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今年の正月は、東京都美術館に行ってきました
目的は『日書展』
母の習字(かな)が出展されているので、母に連れ出されました(笑)
私は書展には興味なし・・・
まぁ、予定もなかったので行くことに。。。

今回の書展は全国規模の大きなものみたい・・・
会場も広い・・・
そこから母の作品を探すので一苦労・・・
やっと見つけた
これ↓です

CIMG1154.jpg


 新古今和歌集79番
 「よし野山 さくらが枝に雪降りて 
      花おそげなる 年にもあるかな」

と書いてあるそう・・・
読めないわ・・・(笑)

特選とか、○賞など賞が付いてる人がいる。
母は・・・
「入選」
「入選」って・・・???
入選した人しか飾られてないので、だめじゃん

母よ・・・
がんばって~~~

DSC04770.jpg


耳垂欠損と、立ち耳の合併した症例。


DSC04771.jpg


術前のデザインを示す。


DSC04774.jpg


デザインどうり耳の裏を切開したところ。


DSC04775.jpg

耳たぶの裏の皮膚をひっくり返して耳たぶの前面の面積を増やしている。


耳の裏の皮膚に、耳の軟骨を付けたまま皮弁を後ろに起こしたところ。


この軟骨皮弁で耳たぶの裏をカバーする。


DSC04778.jpg


耳の裏から達耳を強制するために糸をかけて後、


皮弁を縫合し終わったところ。


DSC04777.jpg


耳を表から見たところ。


耳たぶが正常の形に出来上がり、立ち耳も治って正常な形が再建された。DSC04782.jpg


耳を保護するために、耳の周りにスポンジを当てている。


耳の皮弁が密着するように、


耳の裏と表からガーゼで軽い圧迫を加えるように縫合固定している。


 



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。