FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC05067.jpg


小耳症の手術を大学病院で行われた結果、このように不幸な結果となっている。


このような大学では、小耳症手術をやるべきではない。


きちんとした手術が行える施設に、最初から紹介すべきだ。


私は小耳症の作り直しの手術を行うたびに、


このような無神経な手術を行った形成外科医に対して、


患者さんに、なり代わって、非常な憤りを感じている。


 


DSC05068.jpg


左右対称な耳にするため本来の耳の大きさを赤マジックで書き入れたところ。


1センチ以上も大きな耳を作られてしまっていることがわかる。


とんでもない事だ。


DSC05071.jpg


上が、当院で新たに作った3次元肋軟骨フレーム。


下は、以前の手術で移植されていた肋軟骨フレーム。


いかに、いいかげんな形が、移植されていたかが、わかる。


とんでもない形だ。


DSC05072.jpg


耳たぶの後ろに、よい色の皮膚がもったいなくも隠れていた。


この皮膚を生きたまま、耳甲介部に移動して使う。


DSC05074.jpg


耳たぶは、前面の皮弁と、後面の皮弁とに分割されている。


DSC05075.jpg


新たな3次元肋軟骨フレームを移植しなおしたところ。


耳の後ろからの皮弁を、耳の中央部に移動して


必要なところに必要な皮膚の表面積を増加した。


これでようやく、立体的な耳が出来た。


 


半年後の耳立て手術時に、移植されていた耳の後ろの色の違う皮膚は切除して


同じ色になるように張り替える。


また本当に、30度の角度で立つように肋軟骨ブロックを耳の後ろに支えとして移植して


頭からの血管膜を起こしてきて、カバーし、皮膚を移植する予定だ。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。