FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今日、東京大空襲のテレビ番組が放映された。

6000発の爆弾が投下されて、11万人の犠牲者が出たと言われている。

もちろんその前に、沖縄の人たちが犠牲となり、

健康だった多くの兵士達が、日本のためと信じて犠牲となった。


広島、長崎は、それぞれ、たった1発の原爆で10万人以上が亡くなった。

が、生き残った人々は、今も、放射能傷害に苦しむ人たちがいる。

それ以外の主だった都市も破壊されたのだ。

ごく一部の、指導者の誤った判断のせいで。

一般の市民までもがなくなっていった。


そして今、私たちは生きている。

広島、長崎の原爆、そして、東京空爆という世界大戦をくぐりぬけ、

今まで数知れない人達の犠牲の上に、

現在の日本人がいる。

歴史を紐解けば、それ以前にも、限りなき戦争状態を潜り抜けてきた。

さらに多くの天災をも、潜り抜けてきたのだ。


今、生きていることが奇跡なのだ。

私の体も、あなたの体も、

先祖から奇跡的に受け継いだ命なのだ。


まだ現在も、世界中で

戦闘下にある国が存在する。


この平和のありがたさを、

忘れないように


世界の平和に貢献する日本であるために

私達は、基本を忘れないように

舵取りをしっかりとすべきなのだ。


決して一時的な利害のみでは、動かない事だ。

後で必ずしっぺ返しが来る。

正義は、必ず認められる本質なのだ。


これだけは、どんな世界にでも必ず通用する。



なんと1ドル95円代。

株価は1万2000円を切った。



輸出企業にとっては、大打撃。

ついこの前もこのブログで書いたばかりだったが、

予想どうり、この有様となった。



今年の日本経済は、アメリカの経済悪化に伴って

最悪の経過をたどると考えておくべきだ。

そのための防衛策をとることは困難だが、

輸出関係業者は、つぶれるところも出てくるかもしれない。

世界中が大恐慌となる可能性がある。



アラブだけは、石油の値上がりで、当面潤うだろう。



そうなると、心配となるのは

平和の維持である。


すでに、チベットでは、暴動が起きている。
先日、以前の職場で一緒だったKちゃんの結婚式の2次会に行ってきました
以前の職場の人も沢山来ていたので、懐かしい・・・懐かしい
まぁ、何と言ってもKちゃんのウエディングドレス姿はかわいかったぁ

さてさて、2次会といえば・・・
「景品」

しかし、こういうのって当たらないもの・・・
しかし、

あたったぁ~~~
これ↓↓
CA59LKEJ.jpg
「HYPER MAX TURBO」
どうやら、ウエストやおしりなどに巻いて、ブルブル振動がきて痩せる?ってやつ・・・
これで、少しはダイエットしろ!ってことかしら・・・

し、しかし・・・・
すごい振動なんですけど・・・・
これって・・・
痩せるのでしょうか???
筋肉痛の時にはよさそうですが・・・(笑)

めんどくさがり屋の私・・・
果たして、続くのか???
鼻が、痛い!
正確に言えば、鼻の粘膜が、痛い!

そう、私は「花粉症」
この季節。
暖かくなり、靴下を脱ぎたくなる今日この頃は、
私にとって窓の外はどんよりとした黄色い幕に覆われて見える。

きょうは一日中、締め切った家の中にいて、過ごすことができたけど、
毎日家にこもっているわけにも行かない。

以前なら花粉の季節はできるだけ家に閉じこもって暮らしていたけれど、
今はそれは不可能なので、しかたがない。

若いころは気温が高くなれば、服は一枚づつ薄くなるものだった。
今は気温が高くなれば、一枚づつ増えていく。
出かけるときは
花粉防止ジャンバーだのマスクだのと着けないと外には出れない。
もっと暑くなれば日焼予防の帽子だの、手袋だのが必要になる。

人生は中々身軽にはなれないものだ。

以前家庭のおばさんだった頃は、花粉の季節は完全武装で、
晴れていても雨合羽、マスク、めがねで、
ご近所のだんなさんから「永田さん、どうかしたのか?」
と囁かれ、
院長からは
「頼むからやめてくれ!」といわれたが、
鼻は快適だった。

ただ10何年来付き合ってきた近所の奥さんも花粉症で、
二人とも同じ格好だから
狭い道路で行き違っても気がつかない。
すれ違ってからやっと、
「あらま!」と気がつく次第。

今はさすがに毎日電車に乗るので、雨合羽と言うわけには行かず、
ああ、早く連休が明けて、花粉の季節が終わらないかなあと願っているところです。