FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC03846.jpg
昨年の8月23日、ローヘアーラインを伴う右無耳症の症例の術前。
右顔面神経麻痺のための手術を以前、某大学病院で行われており
その傷が耳のあるべき部分の前に残されている。
耳のあるべき部位を書いてみると、耳の上半分以上が髪の毛の生える部分となっている事がわかる。このような症例は、無耳症でもあり、従来法では、耳の再建が不可能とされていた。
髪の毛が生えない耳を作るために、永田法での手術を行った。
DSC03849.jpg
頭から薄い皮膚を採取した後で、耳のあるべき部分の毛根部を切除した。
この操作で、髪の毛が作る耳から生えないですむ。
頭から血管膜を起こした。
DSC03847.jpg
3次元肋軟骨を作成した。
DSC03852.jpg
3次元肋軟骨フレームを移植した。
DSC03853.jpg
頭から起こしてきた生きた血管膜で、肋軟骨フレームをカバーして肋軟骨フレームを生かした。
DSC03854.jpg
その上にあらかじめ頭から薄く採取しておいた皮膚を移植した。
本日は、この作成しておいた耳の、耳立て手術。
DSC05329.jpg
耳立て手術の術前の状態。髪の毛が生えない耳が再建されている。
DSC05330.jpg
耳立て手術のデザインが出来たところ。
DSC05331.jpg
頭から、2枚目の血管膜を起こしたところ。
耳の後ろの頭から薄い皮膚を採取した。
耳の後ろから、耳を支えて立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
DSC05333.jpg
耳を立てたところ。
術直後は、耳の後ろが腫れているが、血行が良いので半年後には腫れが引く。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。




さてさて、駅から歩いて5分・・・
到着!!「七重八重」という宿です

入ってすぐに「いろり」があって、なかなかイイ感じ・・・
窓からは川が見える
↓↓
CIMG1168.jpg
こんな感じ・・・
さっそく夕飯前に温泉、温泉・・・

露天風呂からも川が見える
女5人・・・
露天風呂で何時間居たでしょうか・・・
女5人も集まると、恐ろしい・・・
話は尽きない・・・
まったりと、幸せ感じました

さてさて、夕食・・・
CIMG1175.jpg
川魚のお刺身が出た!!臭みもなくて、美味しかった
湯葉も、天ぷらも、お肉も炊き込みご飯も・・・・
ん~~~幸せ
最後にゆずのシャーッベットがでたが、これまた美味

おなかいっぱいになって、またまた温泉へ・・・


つづく・・・・・