FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

日本中ありとあらゆるところから、いろいろ

小耳症や、それに伴う事に関する相談メールが入る。


小耳症といっても、人それぞれ術前形態が異なるし、

それに伴い、全く別の手術をしなければならない事まである。


実際に患者さんを診察もしていないのに、全く異なる回答となってしまうことになる。

だから、治療法の質問をされても答えることが不正確になる。

ましてや、ほかの症状を合併している患者さんは、

複雑となる。


メールで問い合わせる場合、来週の土曜日は診察しているか?

などの簡単な質問であれば答えることが可能である。


又、早く来たほうが良いのか?

と言う質問も多い。

当院には0歳児のときから毎年通ってこられている患者さんが多いので

10年先の予約を取られている。


それから、毎年一度通ってこられる間に、年齢に応じた話を患者さん自身におこなって、

次第に理解を深めていく努力が必要だ。


小耳症は、10歳の手術年齢になって突然こられても、患者さんの心構えが得られないことがある。