FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

ケーブルテレビのニュースバードで、

アメリカのチーム医療の良さを紹介する番組が、放送されていた。

癌に対する治療を、外科医、内科医、放射線科医、薬剤師、看護士がチームを組んで

一人の患者のために最善の治療を行うという事だ。

アメリカのMDアンダーソン病院を具体例に挙げて、説明していた。

アメリカでの取材をした人物が、アメリカでの人海戦術を日本と比較して

切々と語っていた。

日本ではなかなか、困難であることを語っていた。

しかしその分析の中で、最も重要な点が、語られていなかった。


それは次の点だった。


もちろん、アメリカは、医療先進国である。超先進医療が多く存在するが、

同じ治療を行っても、日本の医療費の10倍の金額がかかる。

10倍の金が入るようなら日本の病院は、

アメリカよりもはるかに、もっと手厚い治療が出来る。

医療スタッフだって10倍雇えるからだ。

医療費が高いアメリカでは

結果として、病院にかかれる人と、そうで無い人がいる。

病院にかかれない人の割合が30パーセント以上にも及ぶ。



人口当たりの医師数は、圧倒的にアメリカのほうが2倍以上多い。

医療費は、GDP比にして、日本はアメリカの半分以下しか使っていない。


しかしながら、平均寿命は、日本のほうがアメリカより長い。

日本は世界1の長寿国である。

いままで、日本の医療従事者の安い献身的な働きによって支えられてきた。


どちらのシステムを選ぶのか?

問題なのである。
以前より「小耳症に関する情報が少ない」と、

患者さんから、いつも聞かされていました。

なぜ、情報が少ないのかというと、日本中で、小耳症の、患者さんの人数が

非常に少ないためなのです。


このブログでは、小耳症手術の、

術前、術中、術直後の写真を示しながら

どのように耳が作られていくのかを、

当院で手術があるたびに示しています。

これほど全てを発信している施設は、世界広しと言えど、ほかにありません。



もはや、小耳症に関する情報は、

このブログで、有り余るくらい多く発信してきました。

小耳症に関する情報としては、

世界中で最も最先端で、最も多くの具体的な情報となっています。


このブログの右覧の、カテゴリーの「サルトル・小耳症」を

クリックしていただければ、小耳症に関する文章だけ読むことが出来ます。

800以上もの文章となっています。
DSC05816.jpg
Pre‐operative appearance .
Lobule type microtia.
耳垂残存型小耳症術前。
DSC05817.jpg
Normal anatomical position of the auricle in red.
正常のあるべき耳の場所を赤で示す。
DSC05818.jpg
the outline for the first stage operation.
術前デザイン。
DSC05819.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame[3-D frame].
作成した3次元肋軟骨フレーム。
DSC05820.jpg
The intra-operative appearence with the four skin flaps formed 
 and undermined  to created the skin pocket .
作成した4つの皮弁と、皮下ポケット。
DSC05821.jpg
After insersion of the the 3-D frame into the skin pocket.
Suction is applied for visualizing the contour of the reconstructed auricle.
3次元肋軟骨フレームを皮下ポケット下に移植した。
皮下を吸引して耳の輪郭が浮かび上がったところ。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。