FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

疲れすぎると余裕も出ない。

言葉の表現力の細かな事まで

気が行き届かなくなる。


こちらが、わかっていることを

説明されていると、

時間の無駄と感じる。


長々と相手が説明すればするほど、

こちらとしては、わかっているから、早く、その件は終了したくなる。


こちらが、「それは、もうわかっているから」と言えば相手もわかるのだが、

話の腰を折るのも、なんだしと、黙って聞くことになる。

相手は、こちらがまだ知らないと思っているので、懸命に

その意味をこちらに出来るだけ正確に伝えようとしている。

それで、ますます時間がかかる。


こちらとしては、疲れている時は、

わかってるから、くどく感じる。

それで、「もう、それはよし」と言って

こちらとしては、話を次のステップに早く進めたくなっている。

すると、相手にとってこちらの返事がぶっきらぼうと感じる。

そこに、行き違いが生じる。


たとえば、

相手も、疲れているだろうと気遣って

「そんなこと適当にすれば。」とだけ言うと、

言葉足らずだから

相手としては、せっかくきちんとやっているのに

と気分を害する。


やはり疲れは禁物だ。

疲れで言葉を はしょるから、コミュニケーションが、うまくいかなくなる。

料理はあまり好きではない私・・・
何を思ったか、安く売ってたかぼちゃを見て
「かぼちゃのスープ」を作りたい・・・
で、かぼちゃのスープを作りました
・・・雷になったら、私のせいです・・・。

まぁ、簡単に出来たわりには、結構ウマイじゃない
めったにちゃんと料理しないから、記念に写真でも・・・

こんな感じ
CA7L9YKU.jpg

冷やして、パセリでものっけて食べようかな

でも・・・・・・・これ、一人で食べるには多すぎるんですけど・・・
友人誘ったら、「今日は整体に行く日なの~」って・・・断られ・・・
        (そういえば、フラメンコで首痛めてたもんね・・・お大事に・・・
  
今日はハヤシライスもあるのよ~



これまた一人分の量ではない

一人暮らし暦長いんですけど、一人分って作れません

DSC05943.jpg
耳垂残存型小耳症に半年前肋軟骨移植を行っていた。
今回は、耳立て手術の術前。
DSC05944.jpg
耳立て手術のデザイン。
DSC05945.jpg
耳の後ろに、支えのための肋軟骨ブロックを作成した。
頭から血管膜を起こしたところ、
頭から薄い皮膚を採取している。
DSC05947.jpg
耳が立ったところ。
DSC05946.jpg
耳を上から見たところ。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



瞑想を張り巡らしている。

大仏のように

そうすれば、やすらかになれそうで、


ただじっと、

邪念をふりほどこうと

キリストのように悟ればと、

そうすれば、やすらかになれるのに。


ロックされ.

閉じこもり

閉じ込められ

懸命に

努力をしても

時間をかけても

考えても

解決しない。


どうして?

私は人間。


キリストでも仏でもなく

鉄の心臓に毛がはえたシラーッとした化け物でもない。


私は人。

素直な人間。


素直さを捻じ曲げ

生きていても

何になる?


後悔なき

人生一度のみ。


時が止まらず。

情熱が止まらず。


心あるなら

わかるはず。

やすらかになりたい。



明日へと続く道へ

わずかでも

希望の明かりがともれば、

やすらかになれるのに。


間に合わないのか

時が止まらない。


残された時はわずか

時は止まらない。


届かないのか

時は止まらない。


残酷に

時は止まらない。


鍵は開かないのか

時は止まらない。