FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1000238.jpg
Unfavorable result of reconstructed auricle.
以前、大学病院で手術を受けたものの不幸な結果となっている。
耳は前に傾き、髪の毛が外側に生えている。
耳たぶの前と、耳の後ろに色の違う皮膚移植がなされている。

このような手術を大学病院の教授が行っているのだから、
そのレベルの低さに驚かされる。

教授の行う手術を見て、若い形成外科医は学ぶのだ。
その大学の若い医師が、まともな形成外科医となれるわけがない。

このようなことが日本国内にある大学形成外科の実態なのだから、
恐怖すら感じる。

このような実態を、知っていれば、
患者さんは、わざわざ近隣の大学病院で手術など受けなかったことだろう。

P1000240.jpg
Normal anatomical position of the auricle in red.
耳があるべき場所を赤で示す。
作られていた耳の場所は、大きく間違っていることがわかる。
P1000241.jpg
Dezign.
手術のデザインが完成したところ。
P1000242.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame.
作成した3次元肋軟骨フレームを示す。
P1000244.jpg
Temporo-parietal fascia flap elevated.
Un-color matched and hair bearing skin removed.
色の違う皮膚の部分と、髪の毛が生えていた耳の部分を切除した。
頭から薄い皮膚を採取した。
頭から血管膜を起こした所。
P1000245.jpg
3-dimensional costal  cartilage frame grafted.
3次元肋軟骨を移植して、耳珠と、耳たぶの一部だけは、もともとの皮膚でカバー出来た。
P1000246.jpg
3-dimensional costal cartilage frame was
coverd with temporo-parietal fascia flap[TPF].
カバーできなかった耳の大部分は、血液が通ったままの、
頭から起こしてきた血管膜でカバーしてフレームを生かした。
P1000247.jpg
TPF was coverd with split thickness scalp skin.
血管膜の上に、あらかじめ頭から採取していた薄い皮膚を移植した。
髪の毛がはえることのない耳が同じ色で完成した。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



先日どうしても食べたくなった「ブイヤベース」
これを食べによく行くスペイン料理「フェルジナンド」に行ってきました
ここは、いつ来てもいい音楽が流れている

まず、「白アスパラのサラダ」
CAI6XJGR.jpg


そして、「地鶏のグリル」 
CAI3QNRU.jpg   ピリッとちょっぴり辛くて美味しい





「ムール貝の酒蒸し」
CAZDVUJI.jpg  いいダシがでてて美味しい


お待ちかねの「ブイヤベース」
CA487KE1.jpg このスープは魚介類のダシがいっぱい出ていて
おいし~い  
ここのブイヤベースは最高だと思う

そして、最後は「ラズベリーとゆずの シャーベット」「コーヒー」でしめましたぁ
CA7733B0.jpg        


ゆずはサイコーです





この日も私のおなかは幸せでした
美味しいものは、止められない・・・・