FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

アメリカで、形成外科医師向けに発行される形成外科教科書の

ゲラ刷りの、「小耳症」の部分が送られてきた。

原稿依頼を頼まれて提出してから1年以上もたっているので忘れかけていた。

以前に書いた教科書の改良版だ。

プリントミスがないかどうかのチェックを、こまごまとしなければならない。


今回の新教科書も、ハーバード大学のエリクソン教授からの執筆依頼を受けた。

形成外科領域の全てを網羅する世界最先端の教科書作りだから

膨大な量の教科書となっている。

前回の教科書では、写真やイラストは白黒だったが

今回の教科書ではカラーとなり、

最新のものになる。


世界中の形成外科医が使う教科書となるから

事細かい部分まで、チェックが必要だ。


しかもイラスト部分も、統一されたイラストとなっているので

前回よりもわかりやすくなっている。

執筆者は

その道の専門家で、世界の第1人者ばかりで書かれた構成となっている。


小耳症の部分をのぞく全ての領域は

欧米の執筆者となっている。

完成するまでに

さらに、半年から1年は、かかるだろう。


世界に向けての一大仕事だ。
3連休の最終日と言うことで、

今日はどこも、お休みだ。が、

永田小耳症形成外科クリニックには、

小耳症の入院患者さんで満床となっている。

今日も包帯交換を行い、退院患者さんを診察し

本日の入院患者さんの術前チェックを行ったら、

もう午前中が終わってしまおうとしている。

休みと言えども、休めない仕事だ。

外来はお休みだ。