FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

ついに野菜風呂に挑戦しました
10月19日に紹介した入浴剤
これです、これ↓↓
CAT0I6IW.jpg





赤い方は「トマト&野菜と果物エキス入り」
緑の方は「レタス&3種類の野菜エキス入り」

飲み物じゃないよね・・・
ん~、どっちにしよう・・・

裏をみると・・・

エッ・・・・・
赤の方は「・・・・・トマトエキス、キャロットエキス、リンゴエキス・・・・」
緑は「……レタスエキス、パセリエキス、キュウリエキス・・・・・」
どっちも怖いんですけど・・・

で、チョイスしたのは赤

・・・・・・・・・・・
色はニンジン
香りはりんごでおいしかっ・・・いやいや、いい香りでしたとさ

DSC05127.jpg
本年3月14日、術前。第1大2鰓弓症候群を伴う小耳症。
皮膚の表面積がやや少なめ。
DSC05128.jpg
耳があるべき場所を赤マジックで書いている。
DSC05129.jpg
デザインの完成。
DSC05130.jpg
3次元肋軟骨フレームを作成した。
DSC05131.jpg
皮弁形成したところ。
DSC05132.jpg
3次元肋軟骨移植直後。
P1000118.jpg
そして本日の耳立て手術の日を迎えた。
P1000119.jpg
耳立て手術のデザイン。
P1000120.jpg
頭から血管膜を起こした。
耳を後ろから支えて立てるための肋軟骨ブロックを作成。
頭から薄い皮膚を採取した。
P1000121.jpg
手術直後の状態。耳が立っている。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。




とうとう、この26年間のうちで

株価が最低の値となった。


円高の91円台となっている。

来週シカゴに行く私にとっては都合が良いが、

株価がここまで下がると

どんな株式会社も大変だ。


銀行は、自己資本金が基準値以下となり、危険域となる。

すると、順調な会社への資金すら貸せなくなり

倒産が相次ぐ可能性すらでてくる。


この株価下落は、以前からこのブログにも前から

危険性を述べてきた。


日本経済も、欧米諸国の景気低迷に引きずられるように

もっと、さらに落ち込む可能性がある。


なにせ、世界大恐慌時以上の

スピードで連鎖的な株の大暴落がおきているのだから。