FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

春も、

夏も、

秋も、

冬になっても、


そして、また、

春も、

夏も、

秋も、

また

冬になっても、


激しい

情熱は、

今も

変わらず

燃えている。


奇跡が

起きる時を

ひたすら

ただ、

じっと。


ぼろぼろに

疲れていても

心は

いまだ

燃え続ける。


尽きることなき

夢。

果てしなき

夢。


化石となっても

心の奥に

しっかり

燃え続け

生きている。


心の

真実は、

決して

誰も

曲げる事を

出来るはずが

ない。


真実は

必ず

再び

わかってもらえる

時が

来る。


人の心が

わずかでも、

残っているならば、、、、、


わかってもらえる

時が

きっと、

また

やって来る。


希望を

捨てず

今も

燃えている。




よみがえる

時を。


たとえ

今は

わかってもらえなくても


かならず、

真実が

伝わる

時が

来る。


なぜなら

真実だから。







本日は、退院の患者さんが1名。

土曜日は外来日。

その後は、外来診察を、午前午後とも行った。


小耳症新患の患者さんが午前中1名。

経過観察中の患者さんがいつもより多く来院された。


午後からの診察では、小耳症新患の患者さんが2名。

説明に時間を要した。

更にまた、経過観察中の患者さんが多く来られて

外来が終了したのがほぼ4時半。


それから病室入院中の患者さんの包帯交換を行って、

終了したのが夕方6時半。


土曜日といえども、昼食時間20分とったのみで、

朝の9時から、夕方の6時半まで、仕事が休みなく続いた。