FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

耳の形は

体表の器官の中で最も複雑な形をしています。

だからこそ、耳を再建する手術は、本当に困難なのです。


耳を作るための論文は、

世界で科学として認められていた医学ジャーナルに記載されていたものだけでも、

400以上も存在していました。

私が1980年代に大学病院で修行を開始した頃の話です。


当時その数多くの論文の中で、アメリカ人医師のタンザーと言う人が

1959年に、アメリカ形成外科学会誌に、耳の再建手術法を報告したことが画期的で

当時の耳としては世界最先端の結果を出していました。

自分の体の肋軟骨を3本採取して

それをワイヤーで組み合わせて、耳らしき形を作り

皮膚の下へ移植して、6回の手術をして耳を再建すると言うものでした。

これが世界中の方法となっていたのです。


当時は、この手術法を、オーストラリアの病院へ留学して

アメリカのタンザー本人ではなく、

オーストラリア人医師が、タンザーから学んだ医師に、間接的に学んでこられた

東京大学の福田修教授が日本へ持ち込まれて手術を行っていました。

当時、耳再建手術は、保険が利かない手術でした。


それでもなお、本当の耳は世界中で、作れませんでした。

すなわち、耳の形とは程遠い形しか、作れる方法がありませんでした。


患者さんは、当時は耳を作った後でも

髪の毛で隠していました。


すなわち、髪の毛で隠さなければならないほど

の程度の耳しか作れる方法がありませんでした。


当時は、そもそも、小耳症は、皮膚の表面積が不足しているので

たとえ本物のように耳の形を肋軟骨を用いて作ったとしても

その全てを、血の通った生きた皮膚でカバーすることが出来ないので

結局全ての移植肋軟骨を生かすことが出来ず

中途半端な部分しか覆えないので、、他を省略せざるを得ないのだ。

だから完全な耳を作ることは不可能なことだ。

と言われていました。


当時の福田教授は、

耳の再建術を1500件以上も経験されていました。

日本の形成外科のテキストにもこの方法が書かれていましたので

程なくこのタンザーの方法が保険適応されることとなりました。


若かった私は、このような不完全な耳ではなく、

耳の細部構造の全てが、再建可能に出来るようにしたいと

耳つくりの進歩の仕事に科学者として一生をかけて見ようと思いました。


それを、当時の医局の仲間に話したところ、

仲間のある医師から言われました。


「福田教授が1500件もの耳を作った結果が今の状態であるから、

研究は、やりつくした後だ。

だから、それ以上のレベルの耳つくりは、不可能だ。

そんなことをやっていても、論文にならない。

だから、今からの形成外科医は、耳つくりなんかやっていても

科学者には、なれないよ。

今の時代に耳つくりを専門にしても無駄なことだ。

ましてや日本中の小耳症患者数は

たった100名程度しかいないのだ。

医師として食べてもいけないよ」と。


このブログにも何回か紹介したように

それから30年の間、

私は、国内の他の形成外科医から何といわれようとも

耳つくりに没頭し続けました。


そして、1992年、1993年にかけて

耳つくりの新たな手術法の開発過程をアメリカ形成外科学会誌に投稿し、

掲載されました。

当時、あのタンザー医師より「おめでとう」と言う手紙を受け取りました。


その後で、次第に、かつて

タンザー法で作られてきた不完全な耳の患者さんであっても

完全な耳に作り直しができるように研究を進めてきました。


この方法が進歩したことで、

当時不可能とされていた無耳症や、ローヘアーラインの症例の患者さんへも

応用できることとなったのです。


今では、アメリカ形成外科学会に、耳つくりの方法を依頼されて教えにいくことになり

アメリカの形成外科医の学ぶ教科書にも小耳症の耳再建術を

私が執筆しています。


欧米各国での形成外科専門医師のテスト問題にも

「次のうち「永田法」の正しいものを選べ。」

と言う問題としても、出題されるようになりました。


ここまで来るためには、実はあらゆる壁が立ち塞がっていました。

人には言えない、驚くようなことで、あらゆる苦労の連続でした。


その壁を30年かけて一つ一つ突き破ってきました。

そして今後も解決していかなければならない問題が、まだまだ多くあります。

あまりにも壁が厚すぎて、この道を断念しようと何度となく考えたこともあります。

もっとイージーに生きていく選択肢は多くあります。


ただ、耳の再建術の進歩のために58歳の今までやって来れたのは

多くの患者さんから望まれていることと、

手術後の患者さんが

本当に喜ぶ姿を見れたからにほかなりません。

ありがとうございます。


タンザー医師も、福田教授も、ブレント医師も

70歳を超えても、耳つくりの手術を行っていました。


私も、

もっとがんばらなければ、と思っているところです。







いまや、世界恐慌の中で

経済が破綻してしまった国も出てきている。


その中で、日に日に日本も輸出が減少し

大苦戦となっている。


昨年まで黒字だった貿易収支が

ついに、来年は巨額の赤字になるかもしれない。

このようなことは、日本が経験したことのない状態だ。


少なくとも今年の前半期までは、通常の状態だったので、

下半期の急速な悪化に陥ったトヨタをはじめとする巨大赤字企業が

今期の税収を減らすので騒いでいるが、


税収の減少は、

むしろ、今期よりも来期の方が、

年間を通じた結果となるために更に悪化する事が予測される。


今回の国の借金は国家予算の30パーセント以上となっていて、

これだけでも恐ろしいのだが、



来期の国家予算編成では、あまりにも税収が減少するはずなので、

下手をすると50パーセントを上回る部分が

借金しないと補えなくなる可能性すら出てきた。


50パーセントを超える額を、もしも赤字国債発行でまかなおうとしても

それは不可能となる。


なぜなら、国債そのものが信用などなくなるからだ。

誰も、信用をなくした国債を買わなくなる。


では、どうしたらよいのだろうか?

景気が悪いから、消費税引き上げが出来ないと言っていて

解決が出来るような問題なのだろうか?


来年いっぱいは、世界経済は、現状のままと言う予想より

更に悪化すると言う予想が多いのだ。


国家財政が組めないと言うときは国家が破綻することになる。


その後は、

国連のIMF基金から借金することが出来るのだろうか?

あまりにも多額すぎて、おそらく不可能だろう。


もし、借金できたとしても、

IMF側から、必ず超緊縮財政を求められることになるから、


国民生活は、最低状態の福祉すら期待できなくなる。

医療従事者の私としては心配だ。


今ですら大都会ですら医療崩壊が起き、

年金不払い問題が今後の支出を大幅に増大させる。

今期国家予算を、何とか姑息な手段で乗り切ったとしても、

問題は、来期なのだ。

考えなくてもあまりの深刻さに、ぎょっとする。


超緊縮財政となれば

餓死者すら出すような状態となる可能性すら否定できなくなる。


本当に心配なのは来年の後なのだ。


早くアメリカ経済が回復してほしいものだが

かなり困難だ。


日本が経験したバブル崩壊ですら回復までに

失われた10年がかかっている。

その当時は、日本の貿易収支は、まだ黒字だった。


今回のアメリカは、それどころではないから

解決に時間がかかりそうだ。


そう考えると、来期の日本経済の崩壊を食い止めるための

解決策は、あるのだろうか?


一時石油高騰で、潤っていたロシアでも

車輸入の関税引き上げをはじめると言うことで、保護主義的になってきた。

このような保護主義となることが最も危険なことになる。

かつての大恐慌時も、

各国の保護主義化が結局最悪な世界大戦という結果を引き起こしたので、

各国が決して保護主義とならないように国連でも言っていたばかりだった。


今や、ロシアも急速な経済悪化となっている。

失業者数は500万人に上っている。


中国でも。金利引下げを頻繁に行っているが、

経済状態の急速な悪化を防げるはずもない。


そのほかの新興国は、もっと基本生活での悲惨な状態となっている。

しかし、アジアの新興国は、今や、核兵器を持っている。

インド、アフガニスタン、中国、北朝鮮などだ。

独裁国家であればなおさら怖い。

日本には核がない。

アメリカの核の傘下で守れるわけがない。

アメリカそのものが経済危機なのだ。


今後、世界平和を維持したままの解決策は?

誰か教えてほしい。


クリスマスイブなのに、サンタが来ない。

世の中、歴史を振り返っても、正義ばかりが通らないから不思議だ。


経済崩壊は、病院倒産を引き起こす。

すると病人は死亡する。


経済崩壊は、平和をも崩壊させる。

すると、健康な人も死亡する。



どんな、テレビニュースを見ても、

世界的に深刻な経済危機問題ばかり、


不景気風が吹き荒れる中で

今年もクリスマスイブとなった。


明日のクリスマスの日にも、

永田小耳症形成外科クリニックでは、

小耳症の、耳立て手術が予定されている。


だから、患者さんは、

イブの本日、入院される。


また、顔面レックリングハウゼン氏病で手術されていた患者さんが

見違えるようにきれいになって退院される。


昨日は、天皇誕生日で

日本中が休日だった。

本来は、火曜日も手術日なのだが、

久々に当院でもお休み。

一日中、ドロドロと睡眠を取ってしまった。


昨年のこの時期のブログを見てみたら

やはり、小耳症手術を行っていた。

いろいろなことが走馬灯の様に思い出された。