FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

明けまして、おめでとうございます。
実を言えば昨年の正月は「ノロウイルス」にやられた直後で、ずっとパジャマで過ごしていた。
生まれて始めて救急車で運ばれて行ったものだから、そのショックも大きくて、
外見も気持ちもすっかりばあ様になったようだった。
で、息子たちから「今年は救急車には乗らないように」と釘を刺されていたのだが、
なんとか無事に新年を迎えることができ、やれやれと思っている。

もともとお正月は大嫌いなので、おせちも初詣も関係ないのだが、
ただ毎年気に入りのカレンダーを自分で買ってかけ代えるのが、唯一の新年らしいことだ。
今年は藤井英男さんの「岬のある風景」で、
イタリアやスペインの風景が、いかにも異国ふうで気にいっている。

昨年は年越しそばも「年越しちゃった蕎麦」になったが、
今年はちゃんと年越し蕎麦にしようと思ったので、12月29日に医局の冷蔵庫に入れておいた。
我が家の年越し蕎麦は出雲そばで、毎年田舎から送ってくれる。
たくさんあったので、
院長は、明日少し味見をするのかな、と、蕎麦の出汁を作っておいた。

今年は31日も仕事に出る予定で、
(去年もそのつもりだったが、ノロウイルスで、死にかけてた)
31日にクリニックへ行き、
さあ、今日のお昼は年越し蕎麦だと思って冷蔵庫を開けたら、
「ない!」

「ねえ、そば、食べちゃったの?」と聞いたら、
「食べた!」と・・・
しまった、忘れてた。院長は、あるだけ食べちゃう人だった。
蕎麦は6人前、あったのだった。
いよいよ2008年という時は過ぎ去り、過去となった。

ついに、2009年が始まる。

しかし2008年が、基礎となって2009年が継続している。


2008年度中の多くの計画的な下済みや経験が多ければ多いほど

2009年のための積み上げの基となる。


2008年は不可能だったことが、その下積みの上に立って

初めて、2009年度には可能になる。


進歩のやり方を、悟っている人と、悟っていない人とでは、

時がたつほど大きな差がつく。


進歩のやり方は、30代前半までに獲得している場合がほとんどだ。

その時期までにそれを学び取った人は、

10年先を見越した計画的な経験が、正しい方向で無駄なく積み上げていける。

その経験から次の法則を勝ち取れるので、

高い段階を登ることが出来る。


すると、死ぬまで成長していける。

成長している人は、いつまでも若い。

柔らか頭だから。


2009年、新たな年を、環境に適応して、

もっと柔軟に生きるようになろう。