FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

「統計対象サイト」というサイトがある。

園長先生が、教えてくれたサイトだ。


今まであまり見ていなかったが、これを使うと

「永田小耳症形成外科クリニック」のホームページを、どんな国の人たちが見ているかがわかる。


これによると驚くべきことが判明した。


2008年度の集計結果によると、日本は、もとより

イタリア、フランス、フィンランド、ポーランド、中国、台湾、オーストラリア、ギリシア、ブラジル、
チェコ共和国、オランダ、ロシア、カナダ、ドイツ、メキシコ、
ベルギー、トルコ、イギリス、スイス、米国教育機関、クロアチア、ハンガリー、香港、エストニア、
スウェーデン、スペイン、インド、ルーマニア、ポルトガル、アイルランド、アルゼンチン、モロッコ、
オーストリア、アメリカ、コロンボ、シンガポール、米国政府、イスラエル、タイ、チリ、
ニュージーランド、インドネシア、パキスタン、マレーシア、デンマーク、アイスランド、
スロバキア、フィリッピン、ノルウェー、シリア、エクアドル、ペルー、ベネズェラ、エジプト、
トリニダードトバゴ、リトアニア、ヨルダン、アラブ首長国連邦、ユーゴスラビア、南アフリカ、
ルクセンブルグ、サウジアラビア、オマーン、米軍、

と、なっている。

世界中が「永田小耳症形成外科クリニック」のホームページを見ている事がわかる。

今日、このことに気がついて驚いたところだ。

この統計サイトによれば、

特にアメリカからのアクセスは、種類わけをされており、

アメリカ、米国教育機関、米国政府、米軍となっていた。


他にも、「永田小耳症形成外科クリニック「のホームページから

このブログへと、たどり着いていることなど、

いろいろな情報がわかり、興味深い結果となっている。


本日の1月12日は、休日だ。が、

永田小耳症形成外科クリニックでは、小耳症退院の患者さんが2名

退院診察を行った。


その後、明日の手術を控えた小耳症の患者さんが、入院された。

また、入院中の患者さんたちの包帯交換を行った。


明日は、耳立て手術の予定となっている。