FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今日は節分。

「鬼は外、福は内」と、心で叫んだ。


これまでの寒い季節を通り抜け、

明日から、立春となる。


日々少しずつ、

これからは、暖かい明るい春に向かい始め、

希望,膨らむ時期となる。


これまでも

この季節に、

何度となく希望を持ってきた。


希望が、

新たな活動エネルギーの元となってきた。

希望から動きが始まって来た。


いろいろと、経験を積み重ね

年齢を重ねるほどに、

豊富な実体験から

多くを学び

自らを

新たな個人へと、

変貌を重ねて来た。


例えば、

同じ言葉でも

次第に重みを増してくる。


「愛」という一言も、

人生経験を重ねれば、

重ねるほど

その意味の深さが増してくる。


かつて「愛している」と言ったその意味は

「非常に好きだよ」と言う意味にすぎなかった。


経験を重ねた現時点での「愛してる」は、


「時空の中で、

通常を超越し、

全てを理解した上で、

いとおしみ、

慈しみ、

楽しい時も、

辛い時も、

自分の事をかなぐり捨て、

いついかなる時も

何と言われても、

相手に尽くすことが出来、

許すことが出来る

と言う事に

自分自身に

自信と確信が持てる。」

と言う

重くて

深い意味へと

変わってきた。


これからも、

ますます言葉に深みを増すのだろう。
DSC05743-.jpg
2008年6月26日ローヘアーラインを伴う小耳症。
耳があるべき場所を、赤マジックで示す。
耳たぶは、正常より相当前に離れて存在する。
このようにシビアーな、ローヘアーラインの症例において、
髪の毛が生えないように、耳を再建することは、従来法では不可能だった。
が、永田法が開発されたことで、可能となった。
DSC05744-.jpg
手術デザインは複雑だ。
DSC05746-.jpg
耳のあるべきところの頭からあらかじめ大き目の薄い皮膚を採取しておき(左上)
耳のあるべき場所の毛根部を切除した。(左下)
頭から生きた血管膜を起こしたところ。
DSC05747-.jpg
耳たぶを有効利用するために2枚に分割して、
耳下半分をカバーするための皮膚弁を、後ろへ移動しているところ。
DSC05745-.jpg
新たに作成した3次元肋軟骨フレームを示す。
DSC05748.jpg
そのフレームを、耳があるべき場所に移植する。
その移植した3次元肋軟骨フレームを生かすために
耳の上3分の2は、血管膜でカバーする。
した3分の1は、皮弁でカバーする。皮弁とは、血液の通った生きた皮膚のことを言う
正にそれぞれでカバーしようとしている所。
DSC05749-.jpg
血管膜で、3次元肋軟骨をカバーした所。
DSC05750-.jpg
耳の下3分の1を、皮弁でカバーしたところ。
DSC05753-.jpg
耳の上3分の2は、あらかじめ頭から採取していた薄い皮膚を移植した。

そして、2009年の2月3日となった。
P1000450-.jpg
頭は、前回と全く同じ切開をする。
P1000452-.jpg
耳立て手術のデザイン。
P1000453-.jpg
頭から2枚目の生きた血管膜を起こしたところ。
頭からあらかじめ、薄い皮膚を採取した。
耳を後ろから支えて立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
P1000455-.jpg
前から見て耳が立っていることがわかる。
耳の腫れは入院中に引く。
P1000454-.jpg
耳を上から見た所。耳が立っていることがわかる。
この腫れも、入院中に引いてゆく。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。