FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

やはり、人生は一度しかない。

日々過ぎ去っていく。


あまりにも、人のためばかりを考えていると

自分がおろそかになる。


自分の時間は

自分のために正直に生きていこう。


日本の常識は

世界の非常識。


人生は一度しかない。

いつも、今を大切に。



大学病院では、教授、助教授、講師が、

医局員20名ほどを3分割し,その1チームを引き連れて

それぞれ毎週1回、1日の手術日をこなしておけば良いが、


補助金などない民間病院でそんな悠長な事では成り立つはずがない。


永田小耳症形成外科クリニックでは私と園長先生との2名のみで

大学病院と同じか、それ以上の手術室占有時間を使っている。


常に小耳症に対する耳介再建手術のハードな8時間手術を

毎週3回こなしていると、

そのリズムが体にしみこんで来る。

通常の大学病院では、土曜日は休みか午前中のみだが、


永田小耳症形成外科クリニックでは、

土曜日も夕方4時まで毎週外来を行っている。


ハードな1週間が過ぎた土曜日の外来が終わる夕方5時を過ぎると、

簡単な食事をした後は、急激に眠くなる。


非常に深く眠ってしまうので起きたらもう朝だと思いきや、

いつも、夜中となる。


だから土曜日だけは、いつも、時差ぼけ状態となる。


そして深夜過ぎて、また今度は普通の睡眠となる。

そして日曜日の朝10時近くになってようやく起きると

不思議と時差が解消されている。

という繰り返しとなっている。


そして月曜日からまたまたハードな1週間が始まる。




この夜の空に

「おーい」と叫ぶ

聞こえているだろうか?

私の応援する声が。


地の果てまで

テレパシーとして

伝わっているだろうか?

「おーい」


届け

地の果てまで

この心が


届け大空に

この叫びが


届け天子の所まで。


ファンタジーの世界で

鳴り響け。