FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

午後からは、小耳症経過観察の患者さんを数名診察。

陳旧性鼻骨骨折の患者さんの診察などを済ませたあと、

小耳症初診の患者さんが2名来られていたので、

2家族とも同時に説明となった。


それぞれ山口県と京都府から来られた患者さんだった。

約2時間をかけて小耳症治療の全てを解説した。

それぞれに手術予約を取られて

お帰りになった。


さらに、名古屋地方の、ある大学病院で小耳症手術を受けたものの

不幸な結果となり、

永田小耳症形成外科クリニックで耳の再々建手術を行って

順調な経過をたどっていた患者さんが

誤って耳をドアーに強打し、一部皮膚欠損を生じ

移植肋軟骨が部分的に露出して来院されたので、

当院には珍しく

緊急手術を行った。


気がつけば、もうこの時間で、週の半ばを過ぎようとしている。

明日は、朝から小耳症肋軟骨移植手術が予定されている。


本日、小耳症の患者さんが、無事1名耳立て手術後、退院となった。

入れ替わりに、明日の、小耳症で肋軟骨移植患者さんが入院となった。


また、レックリングハウゼン氏病の患者さんの

3箇所の腫瘍摘出術を、局所麻酔下に行った。


その後、病室入院中の小耳症患者さんたちの包帯交換を行った。

午後からは、初診の小耳症患者さんの診察

および経過観察中の患者さんの診察が待っている。