FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

気がつけば、もう、5月も残すところ、

あと1週間となってしまった。

早すぎる。


1000年以上も生きる木とは異なり、

人間の寿命は短い。


0歳から10歳まではものすごく長く感じられた。

10代も、長く感じられたが、

20代はわりと早く終了した。

30代はあっという間。

40代などは、瞬間的。

そして50代はもっと早い。

60代、70代、80代はどうだろうか?


しかし、その短い期間に,木とは異なり、

人は手足を使う事が出来る。

手を使って、何でも物を作ることも出来る。


人が手で作った飛行機でロケットで、

鳥よりもはるかに早く遠くまで移動することも出来る。


見て、

聞いて、

触れて、

噛んで、

感じることが出来る。


そして、

感じる心、

判断し、

考える能力、

声を出して、歌う事もできる。

意思を伝えることが出来る。

文章にして

後世へと、伝えることが出来る。


1000年も生きる木に比べれば、

人生など、はかなく短いものだが

今と言う新たな歴史の中で

短くても、充実して生きれば、

それは、意味があるのでは。


そんなことを医局で、

夜の10時近くになって、

雷の音を聞きながら、

ふと思っている。

5月24日、日曜日の夜。