FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

5月に入って早々、医局のカレンダーに「○ドクター.たんじょう日」と、赤い字で書いてあった。

なによ、これ。意味不明!

いまさら誕生日なんてうれしいの、子供だけでしょ!

意味なく過ごしていたけれど、誕生日近くなると、○先生さかんにアピールし始めた。

明日はサプライズがあるでしょう!
僕を驚かそうとみんなで秘密にしてるでしょう!

みんなそんなこと、考えてもおらんでしょうに。

仕方がないので、ケーキを買って、持ってった。
なんだかほんとに嬉しそうだ。
もしかして、ほんとに嬉しいの?
誕生日にケーキで喜ぶの、子供だけでしょ!

次の日嬉しそうに
美味しかった!ありがとうございます!といわれ、
ほんとにうれしかったの?と驚いた。

で、
最近、○先生、今度は走っているとかで、
(過去にはスローなんとかだの、なんとかキャンプだのいろいろヒズブームがあって)

昨日も走って、3回ダッシュしたら、3回目に吐きましたと言われた。
そんなのまるで子供でしょ!

そういえばうちの息子も、先日
買い物に行って800ミリリットルのグレープフルーツジュースを一気飲みし、
吐きそうになって青い顔をしていたのがいたが、
まるで子供だ。

そういえばテレビで松田聖子が
一番の好物はアジの干物だと言っていたのを聞いて、
アジの干物がたべたい!
と騒いでいた院長も
まるで子供だ。

私はと言えば、
○先生に対抗して、
私の誕生日と、3人の友達の誕生日と、友達の旦那の誕生日と、息子の誕生日が
ぜんぶ5月なので、
ぜんぶカレンダーに書き入れときました。


本日は、小耳症患者さんが無事退院となった。

半年後の耳立て手術日を決めてお帰りになった。

代わりに、明日の手術予定の小耳症患者さんが入院となった。

明日の手術は、耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術が予定されている。

午前中に入院患者さんたちの包帯交換を行った。


午後からは、小耳症の経過観察中の患者さんたちの外来診察を行った。

水曜日の午後の外来は、

月曜日や土曜日の外来日と比べれば、比較的すいている。


だから、患者さんにとって

水曜日午後の外来は待ち時間が少なくて済む。