fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

本日は夏休みとなり最初の土曜日。

外来には日本中から、小耳症の患者さんであふれた。

手術前の患者さんたちが、発育の検査に多く来院された。

出来るだけスピードアップを行い診察したつもりでも、

午前中は、カルテがたまる一方だった。

また、手術後の経過観察中の患者さんたちも多く来院された。

診察を続け、一息ついた後、

初診の小耳症患者さんへの説明には2時間近くかかった。

午後からも

初診の小耳症患者さんが遠路はるばる来院され、

またまた説明時間がかかった。

手術を予約されてお帰りになった。


その後、小耳症入院中の患者さんたちの包帯交換を2時間ほどかけて行った。

その後、種々の書類書きに追われ、気がつけば夕方となった。

今週も忙しい1週間だった。

早くも、7月も残り1週間を切っている。