FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

毎日、あっという間に過ぎ去ってゆく。


人は何も知らずに母体から生まれ、

両親の元で、あるいは片親の下で、あるいは孤独に

いずれにしても育ち、

子供から青春へ!

新たな感覚が芽生えて、自我が目覚め、

体を思う存分動かして、多くを学びながら成長していく。

未来を夢見ながら。


そして成人し、それぞれの分野において

社会的分担をし仕事を持ち、

長年の経験と実績を積み重ね

やがて、それぞれが無くてはならない存在となっていく。

社会の中で各々が持つ特性を生かし

ついに中心的な存在として

活躍をする時を迎える。

花開く輝かしい時を経て


やがて穏やかに年をとり、

細胞が酸化され老いて行き、

老人となる。

静かになり

最後の鼓動と共に

この世を去っていく。


人生はただ1度。

生きているうちに

毎日を

くいのないように

生き続けたいと、誰しも願っている。


いつまでも、明日の輝きを夢見て

それを、しっかりと実現できるように

日々の努力を怠らず、

決してあきらめることなく

独自の階段をそれぞれが、毎日確実に

一歩、また一歩、上り続ける。


最後の時まで、休むことなく

上り続ける。


いついかなる時も、

この気持ちを持ち続けて

実行している限り

青春だ。


人生で

いかなる時も

決して忘れてはいけない事だ。



本日は水曜日。

午前中は小耳症で入院中の患者さんたちの包帯交換を行った。

午後からは外来の時間。

夏休みのため、いつも込むことがない水曜日と言えども

小耳症の経過観察中の患者さん達が殺到し、

外来が込んだ。

また新患の小耳症患者さんが来られており、説明に長時間を要した。

手術予約をされてお帰りになった。


他に

外傷で耳の部分欠損となった患者さんや、

耳輪癒着症の患者さんも、来院された。