FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今夜帰りの駅で不思議なものを見た。
電車にピカチュウが踊ってる。
ピカチュウ新幹線だ。
おもわずぎょっとした。

以前フィンランドへ行ったとき、
テレビを見ていたらポケモンをやっていた。
フィンランドだから英語かフィンランド語か忘れたが、
ポケモンではみんな外国語を喋ってた。
で、ピカチュウは
「ピカチュウ!」と日本語で叫んでた。

中国ではなんと叫ぶんだろう?

鳥取県の弓ヶ浜では、水木しげるだけが有名で、
こちらは「キタロー電車」が走ってる。
驚かないでよ。
一両列車だ。
おまけに車両の中に自動販売機が乗っかっている。
買って飲む人がいるのだろうか。

今からだいぶ前の話だが、今は少しははやっているのだろうか。

最近は文庫本も劇画調で、
うっかり手にとって思わず取り落としそうになる。
なんでもかんでもとっつきやすくするのは、
い加減辞めにして欲しいものだ。





当院は小耳症の専門病院なので、小耳症の患者さんがほとんどだ。
特に夏休みは、ずっと以前から予約の入っている10歳前後の患者さんでいっぱいだ。

そのなかに、なぜかただ一人、訳あって大人の患者さんが混じっている。
大人の男性で、愛煙家だ。

しかし、麻酔の先生がおっしゃった。
「タバコをいますぐ止めないと、手術後肺炎になりやすいですよ。」

で、彼はタバコをあきらめて、禁煙パイポを手に入院して来た。

うちの院長は言わずと知れた愛煙家。
と言うより極端に重症のニコチン中毒で、
とてもじゃないが患者さんに
「禁煙しなさい」などど言う資格はない。
だから代わりに言ってあげる。
「カナダの先生が、タバコを吸う人は手術しないと言ってましたよ。
タバコを吸ってはいけませ~ん。」

その彼からあるものを見せられた。
※電子たばこ※
火が点く!
煙が出る?
なに、これ!???
妹さんがかわいそうにと思って買ってくれたらしい。
「いいですよ。これ。」

これでタバコが減るのなら、別に金がかかってもかまわないかも。
このままだと、院長は何時ぶっ倒れるかわかんないものね。
「困ります。院長が倒れたら困ります」
と部屋の向こうから患者さんのお母さんの声がする。

買います!

で、インターネットで初のお買い物。
やっと今日来たのだが、
院長、説明書がちんぷんかんぷんで、ぶつぶつ言いながら首ひねってる。
果たして効果あるのやら、ないのやら?
部屋にあれだけキンエンパイポが積んであるのだが、
吸ったタバコの本数は減る気配はないのだし・・・?

ちなみに先の患者さん、
時々
「タバコ吸いたいです~」と叫んでおられます。


P1010174.jpg
耳垂残存型小耳症の術前。
P1010175.jpg
耳があるべき場所を赤で示す。
P1010176.jpg
手術のデザイン。
P1010177.jpg
胸から肋軟骨を4本採取し彫刻し組み合わせ作成した耳型の3次元肋軟骨フレーム。
P1010178.jpg
皮弁形成および皮下ポケットを作成した。
P1010179.jpg
3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットに移植した。
P1010180.jpg
フラッシュ撮影時。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。