FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1000756.jpg
5月7日の状態。
関東地方の大学病院で手術されたものの不幸な結果となっていた。
耳の中央部には、平気で色が異なる皮膚が移植されている。
耳の輪郭はぼけている。
おまけに耳の外側上部の移植肋軟骨は、折れてしまっている。
耳の後ろには色が異なる皮膚が移植されて陰毛が生えている。
しかも、耳は立ってもいない。

しかし、その大学病院では、この結果を自信作と本気で、みなしている。
ここが問題点である。
これが日本の通常のレベルであることを、しっかりと、認識しておくべきだ。

P1000757.jpg
本来耳があるべき大きさと場所を赤で示している。
P1000758.jpg
手術デザインの完成。
P1000759.jpg
左上は、摘出した肋軟骨フレーム。
左下は、新たに作成した3次元肋軟骨フレーム。
P1000760.jpg
皮膚弁の状態。耳の中央部の色が異なる皮膚を切除している。
P1000761.jpg
耳たぶの後ろから、良い色の生きた皮弁を作成したところ。
P1000762.jpg
耳の後ろで作成した良い色の生きた皮弁を、耳の中央部へと移動したところ。
P1000763.jpg
新たに作成した3次元肋軟骨フレームを移植したところ。
P1010500.jpg
そして本日の耳立て手術日を迎えた。
P1010501.jpg
耳立て手術のデザインを示す。
耳の後ろに移植されていた色が異なる皮膚を切除する。
P1010502.jpg
耳の後ろに移植されていた色が異なる皮膚を切除して、
頭から血管膜を起こしたところ。
耳の後ろから耳を支えて立てるために、新たに肋軟骨ブロックを作成した。
頭から、あらかじめ薄い皮膚を採取した。
P1010503.jpg
手術直後の状態。耳が本当に立っていることがわかる。
P1010504.jpg
耳を頭の上側から見た状態。
耳が立っている。

耳の腫れは、引いてしまう。

この症例のように、かつて手術を行われた耳のほとんどすべての小耳症は、
現在は、永田法によって、2回の手術で作り直すことが出来るようになった。

この写真を見れば、永田法が、なぜ世界の手術法となっているのかが一目瞭然であろう。
しかしいまだに国内では従来法の手術が今も行われている。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。