FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1010756.jpg
中部地方のある病院で小耳症の手術を行われたが、
不幸な結果となり、作り直し手術を希望された症例の術前。
耳の後ろには、色が異なる皮膚が移植されており、耳は立っていない。
耳の場所が間違っている。

P1010757.jpg
耳が本来あるべき場所を赤で示している。
再建された耳は,本来の場所よりも下に位置していることがわかる。
髪の毛が耳のあるべき場所にまで低くはえているローヘアーラインの症例。
このような症例では、髪の毛が生えない耳を従来法では再建できない。
だから、髪の毛から逃げて耳を下に作ってしまっているのだ。

P1010758.jpg
手術のデザイン。

P1010762.jpg
真ん中が、新たに作成した永田法の3次元肋軟骨フレーム。
右は、摘出した従来法の肋軟骨フレーム。
P1010763.jpg
頭から、血管膜を起こしたところ。
耳のあるべき場所の頭から、あらがじめ、薄い皮膚を採取した。
その後、耳があるべき場所の毛根部を切除した。
P1010764.jpg
耳が本来あるべき場所に、新たに作成した永田法の3次元肋軟骨フレームを移植した。
耳の裏に移植されていた色が異なる皮膚は切除した。
P1010765.jpg
3次元肋軟骨フレームを皮弁でカバーできる範囲は限られている。

P1010766.jpg
3次元肋軟骨フレームの上方で皮弁でカバーできない部分を、
頭から起こしてきた生きた血管膜でカバーしている。


P1010767.jpg
血管膜の上に、頭からあらかじめ採取しておいた薄い皮膚を移植した。
頭の採取した皮膚の跡は、かすり傷なので、入院中に治り髪の毛が生える。

左上は、切除した毛根部。
左下は、耳の後ろから切除した色の異なる移植されていた皮膚。

P1010768.jpg
陥凹部分に、このように、ガーゼで軽く圧迫を加えるように縫合固定して手術を終了した。
ちなみに、手術時間は11時間15分を要する大手術となった。

このように、永田法では、複雑な作り直し手術にも、すべて対応できる手術法となっている。

最初から永田小耳症形成外科クリニックで手術を受けていれば、
作り直し手術など必要なかったのに、と、
多くの作り直しとなった小耳症の患者さんは、口々におっしゃっている。