FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

日本の常識は、世界の常識とかけ離れていることが多い。


日本古来の特有の競技である柔道。

柔道は今や、オリンピック競技として世界に広まっている。

オリンピックで勝利をおさめた時は、

外国人であろうと日本人であろうと、ガッツポーズをとる。


金メダルを取るために、個人にあった練習をそれぞれに行っている。

もちろん金メダルを取るような選手は積極的に練習を行うのだから

強要された日にみんなで集まって無理やり練習など行うべきものではない。

また、プロ柔道というものがないので、相撲界とは異なっている。


日本古来の柔道は、オリンピック競技として世界にしっかりと認知されるまでの間に

世界からの意見を多く取り入れる過程で、

ルールのいろいろな改正が行われ、今に至っている。


一方、日本の国技とされている相撲は、

世界相撲競技会は存在するものの、いまだ、オリンピック競技とはなっていない。


相撲で勝ったということは、相手を殺したという事であり

静かに相手を見るだけで、決してガッツポーズをとってはいけない。と言われている。

かつての柔道も同じような精神であった。


しかし、この考え方は、日本特有の常識で、

日本人にとって美徳ではあるが、

世界的には、全く理解できない考え方である。


世界にとっては

むしろ勝って何故ガッツポーズをとらないのか?

それこそが、不気味な人物と思われる。


喜びや悲しみをある程度、押し殺すことが、

日本人にとって通常、美徳だ、と考えられているが


逆にその点、海外で作成された映画での日本人像は、

喜びや悲しみを、表情に、

表現する事のない不気味な国民、として描かれることが多い。

このような文化的違いを認識すべきだろう。


現在、いろいろな事が、相撲界で問題となっている。

相撲協会の選出のやり方も、公平ではなかったことが露呈した。

現役を退いても、食べていけるシステムを作り出したのだが、

その可能性が、今でも、公平ではない。

限られた人のみしか開くことが出来ない相撲部屋でなく

誰でもが、ボクシングジムを作れるのと同じように

相撲ジムを作れるようにすべきだ。


古い体質ばかりを継続していると、崩壊してしまう例が世の中にはほとんどだ。

最近は相撲人気が落ち、

観戦する客数が減少しているのは何故なのだろう?

と、考えることが必要な時期であろう。

日本人自体にとっても、相撲に関する興味が薄れつつある。


現在は、海外から、多くの力士が相撲界に入り、相撲をとる時代となった。

しかも海外組みが上位の地位を確保して

日本人力士が、海外組みに勝てなくなっている現実がある。


海外組みから見れば

本場所以外にも、稽古総見などといって、無理やり、力士を戦わせている。


自らの体調や、気持ちに合わせて、稽古を休むわけには行かない事が

海外組みにとって、強制的に映る事だろう。

いや、日本の相撲の稽古のやり方が、民主主義ではないのかもしれない。


決められた日の稽古を休んでも、朝勝龍は、優勝することが出来るが、

稽古を一心に行っていても、優勝など全く出来ない日本人力士がほとんどだ。


このような中で暴力事件や、麻薬問題は別として、

日本国技だからといって、日本の常識ばかりを、今後とも、

相撲協会が、かたくなに変えようとしなければ、

海外組みは、必ず嫌気を感じ、去ってしまうことになるだろう。


そうなれば、日本の常識が通用する海外組みより弱い日本人力士ばかりとなって、

閉鎖的な狭い相撲の世界と成り果てる。


オリンピックは、プロであれアマチュアであれ出場可能となっている。

世界相撲大会が開かれて、

国技と称するいわばプロの日本人の横綱が、

海外のアマチュア選手に敗れるようなことになれば

「心技体」と言った理屈ばかりこねたところで、

逆に世界から馬鹿にされるようになりかねない。


そうなれば、開かれた世界に通用する相撲として成長する事が出来ないばかりか、

国技としての相撲界そのものが、消滅しかねない。


海外組みを多く入門させている相撲界は、

日本のみにだけしか通用しない事柄を大幅に改め、

世界に広く通用する作法に大幅に改める時だろう。



そうしなければ、朝勝龍引退問題で、

「日本相撲の崩壊の始まりだ。」と報道されてたように。

海外の国との摩擦にもなりかねない。


かつて日本柔道界が、世界へ飛躍する過程で、

大きな変革を成し遂げたように、

相撲協会も、

海外組みからの意見を十部に取り入れ、

大幅な改革を、成し遂げるべき時だ。


実力的にも、人数的にも、

海外組み抜きで、相撲は語れない時代となっているからだ。


どのようなスポーツでも、「公平さ」こそが重要だから。