FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

浅田真央選手が、ミスなくすばらしい演技を行って

バンクーバーのオリンピック会場には、

割れんばかりの大拍手が鳴り響いた。


その直後には、キム・ヨナ選手が、これまた、ミスなく

快心の演技を行って、ショート部門でトップとなった。


第2位となった浅田真央選手とトップのキム・ヨナ選手との得点差は

5点以下となっている。


以前の試合では、この2人の対戦では

「ショートで、10点の開きがあったが

今回が最も得点差が近い」と、

浅田選手が述べていた。


フリーの演技が金曜日に行われる。

「オリンピックの歴史を見ると、何が起こるかわからない。」

と、キム・ヨナ選手自身が語っていた。


いずれにせよ、

ジュニア時代からの長年の切磋琢磨するライバルであり

天才的才能を持ち合わせ、なおかつ、実力者であるこの2人が

両者とも、フリーでミスすることなく、高いレベルの試合を行う事で

金メダルの価値も、さらに重みを増すだろう。




本日午前中は、

小耳症で、入院していた術後の患者さんが1名無事退院となった。

退院できるようになった患者さんを診る時が最も嬉しい時でもある。


その後、明日の小耳症手術予定の患者さんが入院となった。

明日の手術は耳立て手術となっている。

半年前に肋軟骨移植を行った患者さんなので、

今回は入院2回目となり、緊張感も前回より和らいでいる雰囲気だ。


入院患者さん達の包帯交換を終了し他のが午前11時。

医局に戻ると、バンクーバーオリンピックでは、

女子のフィギュアー予選が行われている。

日本人選手の活躍に期待している。


本日は水曜日なので、午後からは、外来の時間となる。