FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日は土曜日、

永田小耳症形成外科クリニックは、午前午後ともに外来日である。

午前中は、小耳症で、経過観察中の患者さんたちを数名診察し

空いた時間を利用して、

小耳症で入院中の患者さんたちの包帯交換を行った。

外来に降りると、小耳症の患者さんたちが待っていたので

診察を行った。


午後からも数名の小耳症患者さん達を診察した。

更に、小耳症で、初診の患者さんが来られたので

2時間ほどかけて手術法の説明を行った。

手術予約をされてお帰りになった。


なんだか忙しい土曜日だった。

いまだに、手術されたものの、

不幸な結果となり、作り直しを求めて

全国から永田小耳症形成外科クリニックへと

来院される小耳症の患者さん達が多い。
人口ピラミッドを見ると、未来が見えてくる。

昭和初期の人口ピラミッドは、本当にピラミッドの形に近かった。

すなわち。年齢を重ねるごとに人口が減少する2等辺三角形となっていた。


しかし、終戦後は、第1時ベビーブームがおき、急激にその世代が増加した。

やがて、その世代が、大人となり、第2時ベビーブームがおきた。


ところが、第2時ベビーブームの人達が成人となったのにもかかわらず、

第3次ベビーブームは起きなかった。


ここが分岐点となり、出生率が減少し続けている。

そのため、もはや、ピラミッドという形ではなくなった。

いまや、高齢者の急増で、逆三角形となっている。


ついに死亡率が、出生率を上回るようになり

近年は、毎年、日本全体の人口総数が減少している。


今後2050年以降も、日本人の人口が減少の一途をたどる。

長期にわたる生産人口の減少が、経済的な縮小傾向を継続する事となる。


人口減少は、不動産の需要の低下とともに

廃墟も増加する事となる。

多様性の商品も、売れなくなる。

中国も、いずれ、そのように人口減少期を迎える。

2030年ごろから世界的な人口減少期を迎える。

すると、輸出も減少することになる。


すべてが萎縮に向かうのだから、今後の経済全体にとって、

長期的には、伸びる目がなくなって来たという事でもある。


今後、人口増加の時期とは全く異なる萎縮経済状態となる事を念頭に入れると、

日本政府は、早めの借金体質からの脱却が必要となる。


このままでは、日本経済崩壊が近い。

下手をすると2100年ごろは、人類総数が減少し、人類自身が、絶滅危惧種となるかもしれない。