FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

月曜日の本日は、

午前中、入院中の小耳症患者さん達の包帯交換を行った。

月曜日は抜糸の患者さんが多いので、包帯交換は2時間以上にも及んだ。

その間に明日、手術予定の小耳症の患者さんが入院した。


午後からは、

小耳症の患者さんの術前検査が5名、そのほか1名の術前検査を行った。

他に再来の小耳症患者さんの診察を行った。

明日は、耳立て手術の予定となっている。

最近、看護師達が集まれば、
話題のひとつが、
「体重!」

妊娠中のSさんは元気そうでとてもおめでたには見えない。
「私は食べつわりです」という。
前回の時もかなり体重が増えたと言う。
今回もかなり増えそうだ。

Tさんはついに×キロ減を達成した。
先日院長とTさんと3人で回診をしたのだが、
Tさんの動きが以前と違って見える。
Tさん!動きが軽い!軽くなった!

I さんはそれを聞いても動じない。
「楽しみを我慢してまで痩せたくはありません」と宣言する。
前に座っている院長も
「そうだそうだ」とタバコをぷかぷかふかしている。

I さんは先日大阪へいってきたらしい。
「うどんも焼き鳥もすごくおいしかった」と・・・
そういえばほっぺがふっくらしてきている。

私は最近看護師の仕事を減らしてもらっているせいか、
少しばかり体重が増えたようだ。

で次の数式が、成り立つ。

Tさんの減った体重
=Sさんの増えた体重+Iさんの増えた体重+私の増えた体重

-T=S+I+N
           果たしてTはいくらでしょう。




桜は終わった。
しかし市川は、今、梨の花が盛りだ。
もうすぐ高圓寺の藤も、見ごろを迎える。
気がつけば、もうすぐ5月。
月日が矢のように過ぎていく。
実家の母が、
「70すぎたらあっというまだじぇ~」と言っていたが、まさにそのとおり。
鏡を見ると、ますます月日の移り変わりを、実感するこのごろだ。

もう若くはないのだが、しかし引退するにはちとはやい。
と言うよりは、状況がそうならない。
今の世の中、
働きたいのに働けない人と、
働きたくないのに働かなくてはならない人が多く、
自分の意思でどちらかを選ぶのが難しくなっている。

秋に出産予定のSさんは、
秋からしばらく育児専念する事を選んだのだが、
育児環境がもっと整備されていれば、
違った選択もあったかもしれない。

なかなか勤労婦人にとっては、厳しい現実がある。

しかし彼女は今妊娠を非常に楽しんでいるように見えるし、
他の子育て現在進行中の看護師さん達も
子供を楽しんでいるように見えるので、
かつて専業主婦だった私は、
「みんなすごいな、たくましいな」と感心しているのであった。