FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

イタリア人は昔から、歌がとても好きな人々である。

1950年代からサンレモ音楽祭で、世界中にヒット曲を出してきた。

もともとオペラが発展した国なので、

イタリア人が普通に歌う流行歌と言っても、格調が高い。

伸びる声で本当に歌える人でなければ、

イタリアの流行歌は歌えないほど格調高いものが多い。

それらを総称して、カンツォーネと呼ぶのは常識中の常識だ。


だから、イタリアンレストランでは、カンツォーネを流していることが当たり前なのだ。

しかし、そんなことなどお構い無しに、

ジャズやカントリーウエスタンばかり流しているイタリアンレストランがあったとしたら

食事が消化不良をおこしてしまう。

そのような店の人に聞いても

カンツォーネの意味すら知らないのだから、唖然とするばかりだ。


イタリア文化も知らずにイタリア料理店などと言っている店は

頭の弱い偽者の味の店としか思えない。


と言うのは1例で、

何事も本物や真髄を知らずして、仕事を行っている所には

一流の客は、来てくれない。

すなわち一流になれるはずがない。


一事が万事。

他のあらゆる分野の仕事でも、その仕事に関する真の教養が必要だ。