FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

青空。

そよぐ風。


巨木の新緑

揺らめく木漏れ日。


恋の季節を迎えた鳥達。

あちこちで響き渡る、

さえずりの声。


花々が咲き乱れ、

そよ風を、

逆らうように蝶が舞う。


この時とばかりに、

生き物達が最大限の活動を行っている。


すべてを、主人公と見立てているかのように

照らし出す太陽。


あまりに 

すばらしい世界のなかでも、

私が、釘付けになったものがある。


突然目前に

白い天使の彫刻。

しなやかな体に、閉まった腰。

彫刻なのに

イタズラっぽい瞳で、私を誘っている。

腹直筋が、すばらしい。


目線が離れない。

魔法の魅力に引き付けられる。


突然、風が強くなり、

大木が大きく揺れた。


その瞬間、

彫刻全体を光が包む。



白かった彫刻の唇に 赤みが差し、

皮膚は肌色に変わった。

まばたきを 始めてしまったではないか!


白い彫刻が、

奇跡の、生きた「いとしい天子」と

変貌した瞬間だった。


念じれば叶うファンタジーの世界。















P1010371.jpg
耳垂残存型小耳症・2009年10月2日
P1010376.jpg
作成した永田法の3次元肋軟骨フレーム。
P1010377.jpg
皮弁作成および皮下ポケット作成。
P1010378.jpg
3次元肋軟骨フレームを移植した。
P1020149.jpg
10月2日に、耳の再建を行っていた耳垂残存型小耳症。
耳立て手術の日となった。
P1020151.jpg
耳立て手術のデザイン。
P1020152.jpg
頭から血管膜を起こした。
頭から薄い皮膚を採取した。
耳を後ろから支えて立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
P1020153.jpg
手術直後の状態、耳が立っている。
P1020154.jpg
耳を上から見たところ、耳が立っている。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。