FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

この夏、めったやたらと家にアリが上がってきて、大変。
もしかしたら白アリでは?

怖ろしいので、業者に来てもらい、床下にもぐりこんでもらったら、
白アリはいなかったけれど、
風呂場の床下に、水が溜まっていた。

風呂桶が、だめになっている。

ぐぇ~~~!

というわけで、今日は工事の一日目。
壁一枚向こうのお風呂場で、
ドドドドド・・・
ガガガガ・・・
と脳天に響く音。

御近所にも迷惑なので、いい訳しながらの御挨拶。
久しぶりに御近所さんと立ち話。
そういえば、何年か前は、いつもこうやって立ち話の噂話。
なんだか懐かしい。

聞いてみたら御近所のあるお宅ではもう3年前に風呂場とトイレをやり直したとか。
皆同じ頃に越してきたので、
誰かが家の外壁を塗り替えれば、
そろそろうちもと、順繰りに壁を塗り替えたものだ。

数えてみれば、ここへきてから23年は経つだろう。
早いものだが、鏡のなかをじっと見ると納得だ。
おばさんになったなあ。

そう言えば院長も、最近「日本年金機構」から通知が来た。

「この間書いて出したばっかりなのに、なんでまた同じことを聞いてくるんだ」と
怒っていたが、
前のは
「年金定期便」で私にも息子達にもきたけれど、
今度のは
「60歳になったら年金を請求するための書類」だから、
院長にしか来ない。
つまり、院長は年金を受け取れる年齢になったと言うことだ。

まるで
「おい、あんたはもう60歳だよ。わかっとるね」
と、
緑の封筒で、
「60歳!60歳!」とほっぺた叩かれているような気がする。

私はまだ少し先だけれど院長の2年後だからね。
結構がっくりするものです。

やっぱり、
ぐぇ~~~!
と言う気分になりました。

本日は小耳症の患者さんが無事退院となった。

その後、明日手術予定の小耳症の患者さんが入院となった。

午前中に入院中の小耳症患者さん達の包帯交換を行った。

抜糸の患者さんが多かったので2時間を要した。


午後からは外来の時間となった。

来週手術予定の小耳症患者さん3名の術前検査を行った。

また数名の小耳症の患者さんを診察した。

小耳症で新患の患者さんが来院されたので

手術法の解説を約2時間かけて説明した。