FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

最近は、中国の成長が著しい。

世界が大不況の時でも中国だけは年率10パーセントに迫る成長を続けてきた。

その結果として、中国は日本の国民総生産を今年抜き

世界第2位となった。


このまま成長を継続すれば、

あと5年もすればついにアメリカの国民総生産を追い越して

世界1の国民総生産をできる国となる。


すでに日本がいまだ実現していない有人宇宙飛行を中国は行っており

更に日本と同じ時期に月探査衛星を成功させてきた。


本日月に向けた新たなロケットを打ち上げ、

月面に100キロまで接近した撮影や探査を行う事となっている。

その次には月面に着陸する無人ロケットを打ち上げる予定となっている。

その後、月面探査のために有人ロケットを打ち上げる予定なのだ。


世界1の経済大国となることを見通して着々と未来の目標を打ち出している。

また中国は、日本が保有していない航空母艦を建造する計画もある。

更に中国はとっくに核保有国であり、

国連常任理事国でもある。


それに対して、現在世界の警察として動いているアメリカは

経済の衰退が始まっており、

メキシコなどからの不法移民受け入れを拒絶しようという動きも見られるようになった。

アメリカで生まれた子供は

すべてアメリカの市民権を手に入れることができるという法律も見直されようとしている。

移民の国、自由の国としてのアメリカンドリームも、崩壊の危機となっている。


常に、これまで経済的にも科学的にも

世界1という地位を保っていたアメリカにとっては、プライドが傷つき

その座を中国に明け渡す日が近いという恐怖感と無力感と脱力感が

非常に大きく、保守的な思考が働き始めている。


日本はいつまでもアメリカの軍事力の傘の下だけでは安心できない時代に突入しつつある。

中国との尖閣列島問題、ロシアとの北方領土問題、韓国との竹島問題も

日本がのほほんとしているうちに

すべては、それぞれの国々から、まさに奪われようとしている。


日本は、今後どのような方向へと進むべきなのか?

厳しい時代に応じた戦略が必要となった。

本日は小耳症で入院していた患者さんが無事退院となった。

その後、小耳症の患者さんが数名待っており、外来の待合室が混雑した。

診察を済ませ、入院中の小耳症患者さんたちの包帯交換を行った。

その後また数名の小耳症の患者さんたちを診察した。


午後からは、小耳症患者さんの術前検査を行った。

その後数名の小耳症の患者さんたちを診察した。

また、局所麻酔下の手術を行った。

これで忙しかった今週の手術もようやく終了となった。


気がつけばなんともはや10月となっている。

来月になれば永田小耳症形成外科クリニックも開院6周年目を迎える。

8時間かかる小耳症手術を毎週3例行い続けていると、あっという間に1日が過ぎ去るので

その結果として時が過ぎるのが非常に早い。