FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日昼間のテレビ放送によれば

2億数千年かけて大陸が大移動して現在の地球の姿となった。

これから更に2億数千万かけて大陸は移動を続け1つの大陸が完成するという。

人類が誕生したのはわずか400万年前。

恐竜が誕生して滅びたように、人類もまた滅びるという。

2億数千万年後には、人類の化石や都市の痕跡すらほとんどなくなっているという。

酸素すらほとんどなくなってしまった地球には人類が生き残れないそうだ。

本当だろうか?


ここから私は抵抗したい。人類の生きた証が残るために。


酸素が少なくなって人類が滅びたとしても、人類が生きた証を残せないものだろうか?


そうだ、人類と見分けがつかないほどのアンドロイドを作れる可能性がある。

自ら考え、発言し、複雑な現象へ立ち向かい解決していく能力があるロボットの最先端。

すなわち数多くの最先端のロボットつまり各種能力を兼ね備えたアンドロイドを多数製造する。

その中に人類の頭脳を移植できれば

生産した酸素を有して頭脳が生き残る可能性が出てくるではないか。


そうすれば自然の人類が生き残れない地球になっても

人類の知能がアンドロイドとして永遠に生き残れる可能性が出てくる。


壊れてしまったアンドロイドの固体を別のアンドロイドが修理、

いや、復活という治療を行うことが出来る。


形態は人類と同じ、感覚器官も人類と同じ


生命体の頭脳自身が死んだとしても、そのすべての記憶をコピーして復活し

更に発展させることが出来るとすれば、

人類の意思が酸素なしに生き残れるかもしれない。


これはファンタジーを越えた事実となりうる可能性がある。


スーパーコンピューターの電子頭脳を持ち、不死身となったアンドロイドが

地球のみでなく、宇宙へ移動して活動を続けることが出来る。

2億数千年先でも、私が望んでいる天女が生きている。


その時、他の天体から現れた生命体が人類の英知に驚くことだろう。

天空を舞う天女。

これこそ私の中の真実のファンタジー。

2億数千年後も私の中のイメージが天女とともに生き残っている。



1月2日の本日は、午前中

小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。

全員順調な経過をたどっている。


昨日の元旦に退院された小耳症の患者さんもいたが

明日の3日に退院となる小耳症の患者さんもいる。


小耳症の患者さんが常に入院している永田小耳症形成外科クリニックにおいては

正月の外来こそ休診しているものの

病室では年中無休だ。


2011年度外来の開始は1月5日水曜日の午後1時からとなっている。

あけましておめでとうございます!

ついに2011年の開始ですね。

この11という数字は私にとって、ラッキーナンバー。


大学の受験番号が11番だった。

競争率が11倍だったのだが、

合格者名簿の最先端に私の受験番号が記載されていたのだった。

だから11という数字は私にとって生涯忘れられないラッキーナンバーなのだ。


科学的根拠はないものの、

今までの積み重ねた結果なのだから

今年はラッキーな年となるだろう、という気がする。


日本全体もラッキーな年となることを望んでいる。